教室紹介

メンバー

本講座メンバーを紹介します。

教員

教授 服部聡

経歴

  • 職歴
    平成6年4月日本ロシュ株式会社入社
    平成14年10月中外製薬株式会社入社(合併による)
    平成17年3月久留米大学バイオ統計センター博士研究員
    平成20年4月久留米大学バイオ統計センター准教授
    平成26年4月久留米大学バイオ統計センター教授
    平成29年6月大阪大学大学院医学系研究科 医学統計学 教授
  • 学位
    博士(臨床統計学)

研究内容・専門分野

  • 医学統計学、特に、生存時間解析、観察研究の統計解析法、予後因子研究・診断法研究のメタアナリシスの方法を研究しています

主な研究成果

  • *Hattori S and Zhou XH. Sensitivity analysis for publication bias of diagnostic studies for a continuous biomarker. Statistics in Medicine, 37(3), 327-342, 2018.
  • *Hattori S and Zhou XH. Time-dependent summary receiver operating characteristics for meta-analyses of prognostic studies. Statistics in Medicine 35, 4746-4763, 2016.
  • *Hattori S and Hemni M. Stratified doubly robust estimator for the average causal effect. Biometrics 70, 270-277, 2014.

助教 小向翔

経歴

  • 職歴
    平成26年4月 久留米大学大学院医学研究科非常勤助手
    平成28年8月 久留米大学バイオ統計センター 助教
    平成29年4月 佐賀大学医学部附属病院臨床研究センター 特任助教
    平成30年4月 大阪大学大学院医学系研究科 医学統計学 助教
  • 学位
    博士(医学バイオ統計学)

研究内容・専門分野

  • 医学統計学に関する研究.特に生存時間解析に関する研究.

主な研究成果

  • Komukai S and Hattori S. Doubly robust inference procedure for relative survival ratio in population-based cancer registry data. Statistics in Medicine, 2020 accepted.
  • Matsuyama T, Komukai S, Izawa J, Gibo K, Okubo M, Kiyohara K, Kiguchi T, Iwami T, Ohta B, Kitamura T, Mochizuki H. Pre-hospital administration of epinephrine in pediatric patients with out-of-hospital cardiac arrest. Journal of the American College of Cardiology, 75(2), 194-204, DOI: 10.1016/j.jacc.2019.10.052, 2020
  • Izawa J, Komukai S, Gibo K, Okubo M, Kiyohara K, Nishiyama C, Kiguchi T, Matsuyama T, Kawamura T, Iwami T, Callaway CW, Kitamura T. Pre-hospital advanced airway management for adults with out-of-hospital cardiac arrest: nationwide cohort study. BMJ (Clinical research ed.), 364, DOI: 10.1136/bmj.l430, 2019
  • Komukai S and Hattori S. Doubly robust estimators for net survival rates in analyses of cancer registry data. Biometrics, 73(1), 124-133, DOI: 10.1111/biom.12568, 2017.

特任助教 門田麗

経歴

  • 職歴
    平成29年1月 RoQua(医療データ収集機関)R言語プログラマー
    平成29年1月 University Medical Center Groningen ポスドク研究員
    令和2年9月 大阪大学大学院医学系研究科 医学統計学 特任助教
  • 学位
    博士(精神医学)

研究内容・専門分野

  • 三相主成分分析、ベイズ統計によるメタ分析、経時データ解析、機械学習

主な研究成果

  • Monden, R., Rosmalen, J., Wardenaar, K., Creed, F. Predictors of new onsets of irritable bowel syndrome, chronic fatigue syndrome and fibromyalgia: The
    lifelines study. Psychological Medicine, 2020, 1-9.
  • Monden R, Roest AM, van Ravenzwaaij D, Wagenmakers EJ, Morey R, Wardenaar KJ, de Jonge P. The comparative evidence basis for the efficacy of second-generation antidepressants in the treatment of depression in the US: A Bayesian meta-analysis of Food and Drug Administration reviews. Journal of affective disorders. 2018 Aug 1;235:393-8.
  • Monden R, de Vos S, Morey R, Wagenmakers EJ, de Jonge P, Roest AM. Toward evidence‐based medical statistics: a Bayesian analysis of double‐blind placebo‐controlled antidepressant trials in the treatment of anxiety disorders. International journal of methods in psychiatric research. 2016 Dec;25(4):299-308.
  • Monden R, Stegeman A, Conradi HJ, de Jonge P, Wardenaar KJ. Predicting long-term depression outcome using a three-mode principal component model for depression heterogeneity. Journal of affective disorders. 2016 Jan 1;189:1-9.
  • Monden R, Wardenaar KJ, Stegeman A, Conradi HJ, de Jonge P. Simultaneous decomposition of depression heterogeneity on the person-, symptom-and time-level: the use of three-mode principal component analysis. PloS one. 2015 Jul 15;10(7):e0132765.

特任助教 ZHOU YI

経歴

  • 職歴
    令和2年9月 大阪大学大学院医学系研究科 医学統計学 特任助教
  • 学位
    博士(薬科学)

研究内容・専門分野

  • メタアナリシス, 高次元打ち切りデータのモデル・情報計量薬学分野

主な研究成果

  • Zhou Y, Leung SW, Mizutani S, Takagi T, and Tian YS. MEPHAS: an interactive graphical user interface for medical and pharmaceutical statistical analysis with R and Shiny. BMC Bioinformatics, 21(1),183, DOI:https://doi.org/10.1186/s12859-020-3494-x, 2020.

学生

D3 黃傲
D3 藤原 隆弘 (小児科学講座)
D1 辻本 直人
M1 堺 映奈

秘書

吉久保 浩子