お知らせ

疼痛医療センターのご案内

私たちは、痛みで苦しんでおられる方がいかに多いかを知っています。
一人一人の痛みに耳を傾け、専門医の連携で最善を尽くします。

痛みは人によってさまざまです。 同じ病気であっても強い痛みを伴う方とそうでない方がおられます。 それぞれの方が、どんな痛みでどんなふうに苦しんでいるのかを十分理解した上でなければ、適切な痛み治療を実施することはできません。

痛みを「診る」には、単に病気の診断だけで終わってはならないのです。

私たちは、痛みに関する疾患や病態の専門医の集団です。 麻酔科、脳神経外科、整形外科、神経内科、精神科、薬剤部、リハビリ療法士、看護師などが連携し、ひとりひとりの痛みに適切なアプローチをおこなっています。

平成18年より、このような方針のもとに疼痛医療センターを組織し、運営してまいりました。 現在では、従来の各科別アプローチでは十分に治療できていなかった難治性の痛みをお持ちのかたが全国から来院されています。

この度、平成25年より毎週金曜日、痛み専門医とリハビリ療法士、臨床心理士 によるによる集学的診療外来を開設しました。 痛みだけの診察にとどまらず、痛みによって損なわれた体の機能や、毎日の生活の質までを総合的に評価し、一番良い治療法をご提案いたします。

※受診を希望される際には、紹介状・レントゲン写真などの資料をご持参ください

「集学的痛み診療」研修・見学希望者の方
疼痛医療センターで「集学的痛み診療」の研修・見学を希望される医師、リハビリ療法士、臨床心理士の方を歓迎しております。詳しくはこちらをご覧ください。