大阪大学大学院医学系研究科 神経難病認知症探索治療学寄附講座

研究概要 | Outline

 当寄附講座は、神経内科学を親講座として、アルツハイマー病やパーキンソン病、ポリグルタミン病、筋萎縮性側索硬化症などの難治性神経変性疾患・認知症に対する病態解明と治療法開発をめざして開設された研究室です。医学系のみならず理学、薬学、農学系など様々なバックグラウンドを持つメンバーが集まり、タンパク質構造解析や分子細胞生物学などのin vitro解析や、様々な疾患モデル動物(ショウジョウバエ、マウス、マーモセット)を用いたin vivo解析など多彩な技術を駆使して、幅広い多角的な視野から研究を推進しています。また、国内最大の神経変性疾患モデルショウジョウバエバンク(100種以上)を構築し、数多くの大学、研究機関と全国的な共同研究を展開しています。詳しくはこちらをご覧ください。

新着情報News

メンバー 新メンバーの歓迎会を行いました。藤江技術補佐員のお子さんの様子、中里特任助教の優しい自己紹介に皆が微笑みました。
学会発表 永井教授が第37回日本認知症学会でシンポジウム「睡眠・生体リズムと認知症」をオーガナイズしました。
メンバー 中里亮太 特任助教、藤江由香子 技術補佐員がメンバーに加わりました。
学会発表 永井教授が、韓国KAISTでのシンポジウムにて「Therapeutic strategy for the polyglutamine diseases targeting the toxic protein conformational transition and aggregation.」の講演を行いました。
メンバー 丁欣 特任研究員がメンバーに加わりました。
お知らせ 第5, 6回神経難病治療学セミナーとして、Markus Zweckstetter先生にTauの液相分離について、Erich E. Wanker先生に新しいプロテオミクス手法についてセミナーをしていただきました。
学会発表 永井教授が第41回日本神経科学会でシンポジウム「神経変性疾患:タンパク質凝集、伝播、液相転移、それから」をオーガナイズしました。
お知らせ 平成31年度修士課程、博士課程の学生を募集しています。
修士課程の出願期間は7/17(火)~7/23(月)
博士課程第1回入試の出願期間は8/20(月)~8/24(金)です。
研究室見学は随時受け付けておりますので、ご興味を持たれた方はご連絡ください。
お知らせ 日本医療研究開発機構(AMED)難治性疾患実用化研究事業 「新規ATG非依存性RAN翻訳を標的としたノンコーディングリピート病の治療法開発」班の第1回班会議を開催しました。
論文 永井教授が、当講座を紹介した「神経変性疾患の克服を目指して」を執筆し、「生産と技術」誌に掲載されました。
メンバー 安藤治恵 技術補佐員がメンバーに加わりました。
学会発表 永井教授が第18回日本蛋白質科学会でワークショップ「蛋白質・ペプチドの凝集と膜のないオルガネラ」をオーガナイズしました。
論文 武内講師の、細胞非自立的なタンパク質恒常性維持機構に関する総説が、Biol Pharm Bull誌に発表されました。
お知らせ 平成31年度大学院医学系研究科修士課程の募集要項が発行されました。こちらをご覧ください。研究室見学は随時受け付けておりますので、興味を持たれた方は永井までご連絡ください。
お知らせ 平成31年度大学院医学系研究科博士課程の募集要項が発行されました。こちらです。気軽にお問合せください。
学会発表 堺竜介 大学院生が第59回日本神経学会学術大会で研究成果を発表しました。
学会発表 永井教授が第59回日本神経学会学術大会でシンポジウム「ノンコーディングRNAが関わるALSやSCAに共通する新たな神経変性メカニズム」をオーガナイズしました。
お知らせ 新メンバーの歓迎会を開催しました。
メンバー 北條未来 特任研究員が着任しました。武田明子 大学院生、橋本茜 大学院生がメンバーに加わりました。
お知らせ 卒業生の送別会を開催しました。
お知らせ 新メンバーの歓迎会を開催しました。
お知らせ TDP-43とRNAのグアニン4重鎖構造との相互作用について研究をされている法政大学の石黒亮先生にセミナーをしていただきました。
論文 吉田大学院生(特別研究学生、東北大学)がパーキンソン病において細胞内小胞輸送の破綻が病態に関与することを明らかにし、研究成果をHuman Molecular Genetics誌に発表しました。プレスリリースはこちらです。
論文 本研究室出身の鈴木研究員(東京都医学総合研究所)がパーキンソン病のα-シヌクレイン毒性化における脂質の役割についての総説をNeurochemistry International誌に発表しました。
メンバー Luca Lo Piccolo 特任助教、瀧﨑馨菜 技術補佐員がメンバーに加わりました。
お知らせ 忘年会と新メンバーの歓迎会を開催しました。
受賞 本研究室出身の鈴木研究員(東京都医学総合研究所所属)が第36回日本認知症学会学術集会で奨励賞を受賞しました。
メンバー 内田裕美子 技術補佐員がメンバーに加わりました。
学会発表 永井教授が第12回臨床ストレス応答学会でシンポジウム「神経変性疾患における異常蛋白の毒性,蓄積および伝播」をオーガナイズしました。
お知らせ 新メンバーの歓迎会を開催しました。
論文 武内講師のタンパク質凝集を標的としたポリグルタミン病治療法開発についての総説がBrain Sciences誌に発表されました。
お知らせ 特任助教・研究員および技術補佐員を募集しています。こちらをご覧ください。
メンバー 好井晴美 秘書がメンバーに加わりました。
お知らせ 武内講師がJSTのさきがけ研究に採択されました。
学会発表 永井教授が第60回日本神経化学会でシンポジウム「Mysterious protein α-synuclein」をオーガナイズしました。
お知らせ 日本医療研究開発機構 難治性疾患実用化研究事業 「プリオノイド蛋白質の凝集・伝播を標的とした神経コンフォメーション病の分子標的治療薬・バイオマーカーの開発」班の班会議を開催しました。
お知らせ 博士課程の学生を募集しています。入試情報はこちら。研究室見学は随時受け付けておりますので、興味を持たれた方は永井までご連絡ください。
メンバー 山本かおり 技術補佐員がメンバーに加わりました。
学会発表 永井教授が第40回日本神経科学会でシンポジウム「RNA代謝関連細胞小器官と神経疾患」をオーガナイズしました。
メンバー Lee Byeong eun 海外短期留学生がメンバーに加わりました。
お知らせ 修士課程、博士課程の学生を募集しています。入試情報はこちら➢修士課程博士課程(4月入学)2017 October admission Doctor Course (for International Students)。研究室見学は随時受け付けておりますので、興味を持たれた方は永井までご連絡ください。
受賞 皆川研究員(NCNP所属)が日本睡眠学会第42回定期学術集会でベストプレゼンテーション賞を受賞しました。発表内容はこちらです。
お知らせ 新メンバーの歓迎会を開催しました。
メンバー 張 暁曼 研究生がメンバーに加わりました。
論文 皆川研究員(NCNP所属)が慢性的な睡眠の異常がアルツハイマー病モデルマウスの病態を悪化させることを明らかにしました。研究成果をNeuroscience Letters誌に発表しました。
メンバー 前田美帆 秘書がメンバーに加わりました。
お知らせ 新メンバーの歓迎会を開催しました。
お知らせ 研究紹介をリニューアルしました。こちらです。
メンバー 勝部洋子 秘書がメンバーに加わりました。
論文 ポリグルタミン病の遺伝子改変モデルマーモセットの作出に世界で初めて成功し、研究成果がeNeuro誌に掲載されました。プレスリリースはこちらです。
論文 石黒特任助教(東京医科歯科大、現メイヨクリニック)が共同研究により、RNAとRNA結合タンパク質のバランスが不均衡になることで脊髄小脳失調症31型や筋萎縮性側索硬化症が発症することを明らかにしました。研究成果をNeuron誌に発表。プレスリリースはこちらです。
受賞 武内講師が平成29年度日本薬学会奨励賞を受賞しました。
お知らせ Kampinga先生、Bergink先生との懇親会と、メンバーの送別会を開催しました。
お知らせ 分子シャペロンの神経変性疾患への関わりを研究されているHarm H. Kampinga先生にセミナーをしていただきました。
お知らせ タンパク質品質管理とDNA修復とのつながりを研究されているSteven Bergink先生にセミナーをしていただきました。
お知らせ 送別会と新メンバーの歓迎会を開催しました。
メンバー 特別研究学生2名(曽我部俊策、小笠原佑介)がメンバーに加わりました。
お知らせ αシヌクレイン伝播研究の第一人者であるSeung-Jae Lee教授にセミナーをしていただきました。
お知らせ 忘年会を開催しました。
受賞 上山助教が日本遺伝学会第88回大会BP賞を受賞しました。
受賞 永井教授が平成28年度日本認知症学会学会賞を受賞しました。
受賞 本研究室出身の鈴木研究員(東京都医学総合研究所所属)が第10回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス 最優秀ポスター賞を受賞しました。
学会発表 永井教授が第89回日本生化学会でシンポジウム「プロテオスタシス制御の分子機構」をオーガナイズしました。
お知らせ 新メンバーの歓迎会を開催しました。
受賞 金井大学院生が第8回日本RNAi研究会・第3回日本細胞外小胞学会 ベストポスター賞を受賞しました。
学会発表 金井大学院生が第8回日本RNAi研究会・第3回日本細胞外小胞学会で研究成果を発表しました。
受賞 本研究室出身の鈴木研究員(東京都医学総合研究所所属)が第26回日本病態生理学会大会 奨励賞を受賞しました。
メンバー 小澤大作 特任助教が着任しました。
メンバー 前田和宏 特任研究員が着任しました。
お知らせ ホームページをリニューアルしました。
メンバー 鈴木助教が東京都医学総合研究所の主任研究員として栄転しました。
学会発表 永井教授が第57回日本神経学会学術大会でシンポジウム「神経疾患解明のためのモデル動物:線虫から霊長類モデルまで」をオーガナイズしました。
受賞 武内講師が第57回日本神経学会学術大会 優秀口演賞を受賞しました。
メンバー 武内敏秀講師、上山盛夫特任助教が着任しました。大学院生4名(金井雅裕、田港朝也、堺竜介、吉田隼)、坂井聖子技術補佐員、好井晴美秘書がラボに加わりました。
お知らせ 研究室の改装工事が概ね終了し、国立精神・神経医療研究センターから物品を引っ越ししました。
メンバー 神経難病認知症探索治療学寄附講座開設。永井義隆教授、鈴木マリ特任助教が着任しました。
PAGE TOP