大阪大学大学院医学系研究科 神経難病認知症探索治療学寄附講座

メンバー募集

メンバー募集 | Recruitment

大学院生

 博士課程、修士課程の学生を募集しています。私たちと一緒に神経変性疾患の研究をしませんか?出身学部やバックグラウンドは特に問いません。まずは永井までメールでお問い合わせください。見学はいつでも歓迎します。

 入試情報はこちらです➢平成31年度博士課程平成31年度修士課程2018 October admission Doctor Course (for International Students)

 平成30年度博士課程 第2回入学試験の出願期間は、平成29年11月27日(月)~平成29年12月1日(金)です。

 

特任助教・研究員および技術補佐員の募集(神経変性疾患・認知症プロジェクト)

 当研究室では、アルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、ポリグルタミン病などの難治性神経変性疾患・認知症を対象として、病態解明、治療法開発をめざした研究を行っています。in vitroでのタンパク質構造解析から培養細胞を用いた分子細胞生物学的解析、疾患モデルショウジョウバエ・マウス・マーモセットを用いたin vivo解析、さらに化合物スクリーニングなど様々な技術を駆使して、幅広く研究を行っています。当研究室には、医学系のみならず、理学・農学・薬学系や化学系など様々なバックグランドの研究者が在籍しています。今回の公募では、上記のような研究に意欲的に取り組んでくださる特任助教・研究員および技術補佐員を募集します。

参考文献:<原著> Neuron 94: 108 (2017)、eNeuro 4: 0250-16.2017 (2017)、PNAS 112: E2497 (2015)、Hum Mol Genet 24: 6675 (2015)、Sci Rep 5: 16102 (2015)、Nat Struct Mol Biol 14: 332 (2007) <総説> 生体の科学 67: 589 (2016)、Dementia Japan 30: 368 (2016)、BRAIN MEDICAL 26: 225 (2014)、Neurotherapeutics 10: 440 (2013)、Curr Pharm Des 14: 3267 (2008)

[仕事内容]
神経変性疾患の病態解明および治療法開発を目指し、特に1)マウスを用いた研究、2)ショウジョウバエを用いた研究、3)タンパク質生化学研究の経験のある方を歓迎します。

[募集人数]
若干名

[職種]
1. 助教相当
2. 研究員・ポスドク相当
3. 研究・教育補助者相当

[勤務形態]
非常勤(任期あり)

[雇用期間]
採用決定以降のできるだけ早い時期~平成30年3月31日(着任日は応相談)
雇用期間満了後、更新する場合あり(最長で採用日から5年まで)

[勤務地住所]
大阪大学大学院 医学系研究科
大阪府吹田市山田丘2-2

[応募資格]
・医歯薬学や理工系の大学を卒業し、生物学実験の経験がある方
・ラボメンバーと協調し、研究に意欲的に取り組んでいただける方
(マウスやショウジョウバエの使用経験のある方が望ましいですが、必ずしも必須ではなく、着任後に丁寧に指導します)
特任助教または特任研究員:博士号(取得見込含む)
実験補佐員:学士号または修士号

[待遇]
職名  :特任助教または特任研究員
給与  :「大阪大学非常勤職員 (短時間勤務職員) 給与規定」による(経歴・能力により決定)
手当  :超過勤務手当 (通勤手当、賞与、退職手当は支給しない)
社会保険:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労働者災害補償保険
勤務形態:週5日 (月曜日~金曜日、祝日除く) 、週30時間勤務、応相談

職名  :実験補佐員
給与  :「大阪大学非常勤職員 (短時間勤務職員) 給与規定」による(経歴・能力により決定)
手当  :超過勤務手当 (通勤手当、賞与、退職手当は支給しない)
社会保険:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労働者災害補償保険
勤務形態:週5日 (月曜日~金曜日、祝日除く) 、1日6時間勤務
(例:9時15分~16時(休憩時間: 12時15分~13時00分))
勤務日および勤務時間についてはご相談ください。
柔軟に対応致します。

上記のほか、労働条件等の詳細については、「大阪大学非常勤職員 (短時間勤務職員) 就業規則」等をご参照ください。(http://www.osaka-u.ac.jp/ja/guide/information/joho/kitei_shugyou.html)
なお、ここに示した事項については、場合によっては変更となる可能性があります。面接時等に再度ご確認ください。

[応募方法]
以下の書類を下記宛先までメールにてお送りください(郵送も可)。

特任助教または特任研究員:
(1)履歴書(写真貼付)
(2)業績リスト
(3)これまでの研究内容と今後の抱負

実験補佐員:
(1)履歴書(写真貼付)
(2)研究・実験経験を記したもの(習得している実験技術などを記載)

[選考内容]
書類選考の上、面接を行います。面接等詳細は、別途連絡します。

提出いただいた書類は本選考のためだけに使用し、それ以外には使用しません(なお書類は返却致しません。あらかじめご了承願います)。また、業務内容や雇用条件などについてご不明な点があれば、まずはメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

[連絡先]
〒565-0871 吹田市山田丘2番2号
大阪大学大学院医学系研究科
神経難病認知症探索治療学寄附講座 永井 義隆 宛
E-mail : nagai[at]neurother.med.osaka-u.ac.jp

PAGE TOP