DISEASES対象疾患

血管疾患


脳動脈瘤のうどうみゃくりゅう

未破裂脳動脈瘤とは
脳動脈瘤とは、脳の血管にできた瘤(こぶ)のことで、血管が枝分かれしている部分や屈曲している部分にでき、日本人のおよそ20人に1人が持っていると言われています。
この脳動脈瘤は破裂して出血を起こすことが有り、その場合にはくも膜下出血を引き起こします。 くも膜下出血は現代でも非常に困難な病気で、50%近くが死亡もしくは寝たきりになり、社会復帰できるのは30%程度と言われています。
このように破裂すると怖い病気ですが、破裂する前は全く症状を出さないことがほとんどなので、脳動脈瘤を持っていることを破裂前に本人が気づくことは難しいです。 しかし、最近は脳ドックや頭痛の精密検査で行われるMR検査で、破裂する前の脳動脈瘤が見つかることがあり、これを未破裂脳動脈瘤と呼んでいます。

見つかった未破裂脳動脈瘤にどう対処していくかは、わたしたち脳神経外科に相談してください。
先程述べたように破裂すると怖い病気なので、破裂を予防する手術(あとで詳しく説明します)を提案する事もありますし、手術をせずに定期的な検査だけで様子を見ることもあります。 見つかった未破裂脳動脈瘤がその方の生涯の間に破裂してしまうかどうかも誰にもわかりませんが、これまでの研究で、日本人の未破裂脳動脈瘤の年間破裂率は0.95%で、動脈瘤は大きければ大きいほど破裂しやすい、形がいびつなほど破裂しやすい、大きさや形が変化してくるものは破裂しやすい、などは分かってきました。 一方、手術もリスクやデメリットがゼロではないので、未破裂脳動脈瘤に対する手術を受けるどうかはよく考えてから決める必要があります。
わたしたちは、見つかった未破裂脳動脈瘤の状態、ご本人の全身状態や年齢、破裂予防手術の安全性を含めて総合的に判断し、ご本人やご家族と充分相談して、ご本人にとってベストの治療方針を決定するようにしています。



脳動脈瘤の治療

コイル塞栓術

カテーテル手術の一つで、脳動脈瘤の中に詰め物をすることで脳動脈瘤を破裂しないようにする方法で、2000年前後くらいからどんどんと普及してきました。 この治療は鼠径部(足の付け根)や肘の部分からカテーテル(細い管)を血管の中に挿入して行われるものです。 カテーテルの先端は脳動脈瘤の内部まで誘導され、そこからコイル(金属製の詰め物)が脳動脈瘤の中に充填されていきます。 近年はカテーテル器材の進歩がめざましく、こうした操作を補助するようなバルーンカテーテル(風船付きカテーテル)やステント(金属メッシュの筒)も使用しながら治療が行われています。
この治療のメリットは、頭にメスを入れずに治療ができ、患者さんの身体的負担が非常に軽い、すなわち低侵襲手術であることです。 しかし、開頭手術に比べると再治療が必要になる頻度が若干多い、血が固まりにくくなる薬を内服しなければならない、といった欠点があります。

開頭クリッピング術

開頭手術により、脳動脈瘤を直接観察し、クリップで脳動脈瘤をはさみこんで破裂しないようにする方法で、以前から行われている代表的な治療法です。 頭皮にメスを入れ、頭蓋骨の一部を開けた後、手術用顕微鏡を使用して脳の隙間を開き、脳動脈瘤を露出します。 そこで、クリップで脳動脈瘤をはさんで潰してしまうことで、血液が流れ込まないようにして破裂を予防します。 その後、頭蓋骨は元に位置に固定し、皮膚を縫い合わせて終了します。
この治療のメリットとしては、歴史のある確立した治療法で、再治療が必要になることはほとんどないという点が挙げられます。

治療方法の選択
カテーテル手術と開頭手術のどちらが適しているかは、脳動脈瘤の場所、大きさ、形などによって異なりますので、わたしたちは精密検査の結果をふまえて提案するようにしています。





内頚動脈狭窄症ないけいどうみゃくきょうさくしょう

内頚動脈狭窄症とは
ヒトの血管の壁は年齢とともに分厚く固くなっていきますが、これを動脈硬化と言います。
高血圧、高脂血症(コレステロールや中性脂肪)、糖尿病などの生活習慣病や喫煙習慣があると、動脈硬化は起こりやすくなります。 動脈硬化が進行していくと血管の壁が内側に向けて分厚くなるので、血管の中が狭くなり最終的に血管が詰まってしまったりします。 この動脈硬化による血管の狭窄は全身の血管で起こりますが、特に致命的になりやすいのが心臓の血管と脳の血管です。
その中でも比較的多いのが頚部の内頚動脈の狭窄です。 内頚動脈は脳に血液を送る血管の中でも重要なもので、内頚動脈狭窄は脳梗塞を引き起こすことがあります。

通常、中等度狭窄までは内科的な治療で脳梗塞予防をおこないますが、高度狭窄の場合には血管を広げる治療(カテーテル手術や外科手術)をお勧めすることがあります。

内頚動脈狭窄症の治療

ステント留置術

カテーテル手術の一つで、内頚動脈の狭窄箇所をバルーンカテーテル(風船付きカテーテル)やステント(金属メッシュの筒)で広げる方法で、最近15年ほどで普及してきました。 この治療は鼠径部(足の付け根)や肘の部分からカテーテル(細い管)を血管の中に挿入して行われるものです。 この治療のメリットは、頚部にメスを入れずに、局所麻酔で治療ができ、患者さんの身体的負担が非常に軽い、すなわち低侵襲手術であることです。

血栓内膜剥離術

外科手術の一つで、全身麻酔をかけた後に、頚部にメスを入れて頚動脈を露出し、一時的に血液の流れを止めた上で血管を切り開き、狭くなっている血管の内側を剥離して掃除します。切り開いた血管は縫い合わせて修復し、血液の流れを再開させ、皮膚を閉じで終了します。 この治療は歴史のある確立した手術になりますが、狭窄している血管の部位が顎の骨の下に隠れている場合には手術が難しくなることもあります。

治療方法の選択

カテーテル手術と外科手術のどちらが適しているかは、狭窄血管の場所や動脈硬化の性質などによって異なりますので、わたしたちは精密検査の結果をふまえて提案するようにしています。





動静脈奇形、動静脈瘻どうじょうみゃくきけい、どうじょうみゃくろう

動静脈奇形や動静脈瘻とは
ヒトの血管の構造の基本的なルールとして、心臓から各臓器へと血液を送る血管「動脈」があり、各臓器に入る段階で枝分かれして細い血管「毛細血管」となり、その後ふたたび血管が集合して心臓に戻る血管「静脈」があります。 ところが、動脈と静脈が直接つながるような病気、「動静脈奇形」や「動静脈瘻」がカラダのどこかにできることが有ります。これが脳の中にできたものが「脳動静脈奇形」で、脳を包んで保護している硬膜にできたものが「硬膜動静脈瘻」です。
また、背骨の中にある神経の束である脊髄にできることもあり、それが「脊髄動静脈瘻」や「脊髄硬膜動静脈瘻」です。
動脈は心臓の収縮によって高い圧(血圧)がかかっており、動脈の壁はそれに耐えるような丈夫な構造をしています。 静脈は臓器から流出してくる低い圧しかかかっていないので、静脈の壁は薄く出来てます。
動静脈奇形や動静脈瘻があると、動脈の高い圧の血流が静脈に一気に流れ込むことになり、静脈に負担がかかり、臓器や組織のむくみ(浮腫)を起こしたり、最悪の場合には出血を起こすこともあります。
脳動静脈奇形

動脈と静脈が直接つながるような血管の塊(血管奇形)が脳の中にできたものです。脳の中でも様々な場所にできうるもので、大きいものもあれば小さいものもあります。 脳動静脈奇形は脳出血を年に2〜3%の頻度で起こしたり、またてんかん発作の原因になったりもします。
脳動静脈奇形の治療は、脳動静脈奇形の場所や大きさなどの条件に応じて、外科手術、血管内手術(カテーテル手術)、放射線治療を組み合わせて行います。

硬膜動静脈瘻

動脈と静脈が直接つながる病変が脳を包んで保護している硬膜にできたものです。横静脈洞S状静脈洞や海綿静脈洞のそばにできることが多いですが、それ以外にも様々な場所にできます。 拍動性耳鳴(ザーザーと言う耳鳴り)や結膜充血(白眼が赤くなる)などの症状を引き起こすこともありますし、脳出血を起こすこともあります。
硬膜動静脈瘻の治療の多くは血管内手術(カテーテル手術)で治療されていますが、外科手術が必要なこともあります。

脊髄動静脈瘻

動脈と静脈が直接つながる病変が脊髄(背骨の中の神経の束)やそれを包んで保護している脊髄硬膜にできたものの総称です。 細かく分類すると、脊髄硬膜動静脈瘻、傍脊髄動静脈瘻、脊髄髄内動静脈奇形などがあります。 脊髄の浮腫や出血を引き起こすことがあり、それによって両足の感覚の異常を引き起こしたり、排便排尿のコントロールがしにくくなったりします。
脊髄動静脈瘻の治療は、血管内手術(カテーテル手術)や外科手術で行われます。



その他の脳脊髄血管病変

他の臓器と同じように、脳や脊髄などの神経組織も血管がたくさんある臓器で、さまざまな血管の病気があります。
わたしたち脳神経外科では脳動脈瘤や内頚動脈狭窄症や動静脈奇形以外に、次のような血管病変も得意としており、カテーテル手術や外科手術の技術を駆使して診療にあたっています。

もやもや病、脳血管狭窄、脳血管閉塞、クモ膜下出血、脳内出血、脳梗塞など




CONTACT お問い合わせ

大阪大学医学部脳神経外科
〒565-0871
大阪府吹田市山田丘2-2
TEL 06-6879-5111
FAX 06-6879-3659
アクセス