イベント・若手医師向け情報一覧へ

  1. 第3回 高次脳機能・神経心理・行動神経学についての系統講義

    森 悦朗先生が神経内科の若手の先生対象に高次脳機能・神経心理・行動神経学についての系統講義を行います。
    日時:8月23日(金)13時〜14時 
    場所:臨床研究棟 3F階セミナー室 
    テーマ:言語

  2. 第8回大阪大学神経難病フォーラム

    場所:大阪大学 CoMIT 1階 マルチメディアホール
    大阪大学医学部における神経関連の臨床及び基礎の12講座が集まり、研究発表および情報交換をします。
    2019神経難病フォーラム

  3. 後期研修クルズス講義

    大阪大学医学部臨床棟10階精神科企画室
    18:30-(psychiatry salonの時間)
    演者:浅香山病院精神科部長 正木慶大先生
    演題:「浅香山病院での精神科スーパー救急について」

  4. 第39回日本精神科診断学会

    会期:2019年9月20日(金)・21日(土)
    会場:京都烏丸コンベンションホール
    会長:池田 学
    第39回日本神経科診断学会HP

  5. 和風会講演会

    日時:9月27日(金)19:00-21:00
    会場:ホテル阪急インターナショナル 4F 花風
    演者:吉村 玲児先生(産業医科大学医学部精神医学教室教授)
    演題名:「うつ病と炎症」
    和風会講演会

第115回日本精神神経学会学術総会・受賞者

第115回日本精神神経学会学術総会にて垰夲大喜先生が精神科専門医研修中の医師に与えられる優秀発表賞を受賞しました。
演題名:clozapineによる薬疹を疑われ中止した後に再投与した治療抵抗性統合失調症の一例

石井良平先生が大阪府立大学大学院 総合リハビリテーション学研究科 臨床支援系領域 教授に就任

石井良平先生が大阪府立大学大学院 総合リハビリテーション学研究科 臨床支援系領域 教授に就任しました。

高橋秀俊先生が高知大学医学部神経精神科学教室 寄附講座『児童青年期精神医学講座』特任教授に就任

高橋秀俊先生が高知大学医学部精神科学教室寄附講座「児童青年期精神医学講座」の特任教授に就任しました。
高知の精神科医療、発達障害医療の充実に専念します。

吾妻 壮先生が上智大学 総合人間科学部 心理学科 教授に就任

吾妻 壮先生が上智大学 総合人間科学部 心理学科 教授に就任しました。
吾妻先生のコメント:「精神分析を専門にしております。心理臨床の世界と精神医学の世界の橋渡しの役割が少しでも果たせればと思っております。」

橋本亮太先生が国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神疾患病態研究部・部長に就任

橋本亮太先生が国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神疾患病態研究部・部長に就任しました。
橋本先生のコメント:「精神疾患病態研究部では、精神疾患の克服とその障害支援のために、新たな疾患分類による病態解明と診断法・治療法の開発や既に確立している精神科治療ガイドラインの普及・教育・検証活動を行っています。」

「認知症プレシジョン医療開発学」寄付講座開講

「複雑」で「不均一」な認知症各疾患の分子生物学的な再整理を試みます。そのために発症メカニズムの分子レベルの解明と、バイオマーカーの開発を行います。そして生物学的に均一な認知症サブグループに対する効率的な治療法開発を目指します。臨床と分子生物学の両分野に強い阪大精神科の強みを活かすための講座です。

公益財団法人日本老年精神医学会・理事長に就任

当教室教授 池田学先生が公益社団法人日本老年精神医学会・理事長に就任しました。

第34回日本老年精神医学会・認知症疾患医療センターシンポジウムでの池田先生のコメント:「シルバー新報」に掲載

池田学先生(同会理事長)のコメント:「認知症疾患医療センターの数は充足しつつあるが、地域偏在がある。」また、地域偏在が専門医の偏在とも相関関係があるとの分析から、「専門職の人材育成という形で、学会としてもセンターを後押ししたい。」

第60回 日本神経学会学術大会 シンポジウム・招待講演

永田健一先生が「第60回日本神経学会学術大会 シンポジウム」で招待講演を行います。
演題名:「ゲノム編集技術によるアルツハイマー病の保護的バリアントの探索」

【第1回】神経内科の若手先生を対象とした系統抗議

森 悦朗先生が神経内科の若手の先生対象に高次脳機能・神経心理・行動神経学についての系統講義を行いました。
日時:5月17日(金)13時〜 
場所:臨床研究棟 9F階段横セミナー室 

日本経済新聞・夕刊に森原先生のコメント掲載

難聴者の活動やその補助機器に関する記事において、認知機能の面からの森原剛史先生のコメントが掲載されました。

2019年度後期研修医オリエンテーション

今年も後期研修医向けオリエンテーションを各教官が行います。シニア医師の聴講も歓迎です。
オリエンテーションスケジュール

International Taiwanese Congress of Neurology招待講演

森原剛史先生が「International Taiwanese Congress of Neurology」にて 招待講演を行いました。
演題名:「Novel molecular mechanism in sporadic Alzheimer's disease: Omics based mouse-to-human translational research」
森原先生コメント:会場では偶然、当教室に昨年まで1年間研究留学されていた台湾神経内科医Ya-Ting Chang先生と再会しました。とてもお元気そうでした。

Handai Psychiatry Salon

大学院生および後期研修医に対する教育研究目的に開催されておりましたジャーナル・リサーチクラブが2019年5月より「Handai Psychiatry Salon」としてリニューアルしました。
開催日:毎週月曜日 18:30頃
場所:精神医学教室医局
参加対象者:医局員全員

行動神経学・神経精神医学寄附講座