池田 学 (いけだ まなぶ) 

大阪大学大学院 医学系研究科 精神医学分野教授
熊本大学大学客員教授

略歴

1984年 東京大学理学部卒業
1988年 大阪大学医学部卒業
1993年より 東京都精神医学総合研究所に国内留学
1994年 兵庫県立高齢者脳機能研究センター研究員兼医長
1996年 愛媛大学医学部精神科神経科助手(田邉敬貴教授)
2000年より ケンブリッジ大学神経科に国外留学
2007年より 熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学分野教授
2016年5月より 現職

これまでの研究活動

  • 2003-2006年には厚生労働省の研究班長として認知症患者の自動車運転に関する研究などに取り組んだ。熊本では、県全域の若年性認知症の実態調査、高次脳機能障害患者の支援ネットワーク構築、うつ病の疫学調査と自殺予防介入プロジェクト、認知症疾患医療センター(熊本モデル)による認知症診療ネットワーク構築などに着手している。
  • 2009-2012年より、厚生労働省「かかりつけ医のための認知症の鑑別診断と疾患別治療に関する研究」の研究班長。
  • 2012-2015年より、厚生労働省「認知症のための縦断的連携パスを用いた医療と介護の連携に関する研究」。
  • 2015年より厚生労働省「生活行為障害の分析に基づく認知症リハビリテーションの標準化に関する研究」、2017年よりAMED「糖尿病MCI患者のアルツハイマー病移行を抑止する糖尿病治療薬の検討」、2019年より「安静時脳波により超早期認知症を検知・識別する人工知能の開発と検証」の研究班長として活動。
  • 主要研究領域

    老年精神医学、神経心理学など

    所属学会等

    • 日本老年精神医学会 理事長
    • 日本神経心理学会 理事
    • 日本高次脳機能障害学会 理事
    • International Psychogeriatric Association 理事
    • Asian Society Against Dementia 理事
    • 日本認知症学会副理事長
    • 日本精神神経医学会 理事
    • 日本精神神経学会専門医、指導医
    • 日本老年精神医学会専門医、指導医
    • 日本認知症学会専門医、指導医

    主要著書

    • 池田 学(編著)「日常診療に必要な認知症症候学」新興医学出版社,東京,2014
    • 池田 学(編著)「認知症 臨床の最前線」医歯薬出版株式会社,東京,2012
    • 池田 学「認知症」中公新書 中央公論新社,東京,2010