和風会

はじめに

和風会の会員数は約600名と精神科教室同窓会としては全国最大級の規模です。多数の和風会会員が様々な分野で活躍しております。年2回行われる和風会講演会、6月第2日曜日に行われる和風会研究会、11月第4土曜日に行われる和風会総会および年2回発行される和風会誌などを通じて、和風会会員間の交流や情報交換を活発に行っています。和風会の行事予定については和風会会員には郵便等でもご案内していますが、大阪大学精神医学教室ホームページのトップページにある「イベント」情報でもお知らせしていきます。

会員の内訳

和風会では大阪大学医学部医学科卒業者だけでなく全国の大学出身者が会員となっています。全国80大学のうち64大学以上の出身者から入会があります。新会員のうち学外出身者が占める割合は昭和49年に半数を超え、平成世代では概ね2/3が学外出身者です。女性の新会員の割合も少しずつ増加しており、最近は新会員の30%程度です。和風会会員のうち総合病院や公立病院の勤務医は百名弱です。私立精神科病院の勤務医である和風会会員は百数十名です。診療所で勤務している和風会会員は二百名弱です。

関連病院

会員が多い総合病院・公立病院として国立病院機構やまと精神医療センター、大阪精神医療センター、大阪大学保健センター、大阪府急性期医療センター精神科、国立病院機構大阪医療センター精神科、大阪警察病院精神科、独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)、日生病院精神科、関西労災病院精神科、住友病院心療内科、大阪府立病院機構成人病センター精神科、大阪市総合医療センター精神科、大阪家庭裁判所、神戸家庭裁判所、NTT 西日本病院精神科、市立豊中病院精神科などがあります。

日本精神科病院協会に所属する精神科病院は大阪府下に47病院ありますが、その約半数の23病院に和風会員が勤務しています。これらの病院の中で和風会会員が理事長あるいは院長として主体となって運営している病院は次の16病院です。浅香山病院(髙橋明(平成7年)理事長)、和泉丘病院(尾崎哲(昭和53年)院長)、茨木病院(髙橋幸彦(昭和35年)理事長)、榎坂病院(関山隆史(平成15年)理事長・院長)、大阪さやま病院(阪本栄(昭和56年)理事長・院長)、小曽根病院(小池淳(昭和35年)理事長)、国分病院(木下秀一郎(平成6年)理事長)、小阪病院(東司(昭和51年)理事長・院長)、さわ病院(澤温(昭和63年)理事長・院長)、ためなが温泉病院(為永清吾(昭和39年)理事長・院長)、ねや川サナトリウム(長尾喜一郎(平成19 年)理事長・院長)、水間病院(河﨑建人(昭和51年)理事長・院長)、美原病院(本西正道(平成4年)院長)、吉村病院(和田慶治(昭和43年)院長、丹比荘病院(松田保四(平成24年)理事長)、阪本病院(大西英周(平成26年)病院長)、阪和いずみ病院(湯久浩(平成29年)病院長)。

大阪府下において日本精神科診療所協会に所属している和風会会員は81名であり、大阪府下の精神科診療所協会加盟者220名の4割弱を占めています(2012年調べ)。

全国の公的機関の活躍

大阪大学以外の大学や研究施設に勤務している会員も多数おられます。全国の精神科教室では秋田大学の清水徹男(昭和53年)、和歌山県立医科大学の鵜飼聡(昭和58年)、香川大学の中村祐(昭和61年)、高知大学の數井裕光(平成1年)が教授を勤めています。関西の国公立大学・私立大学において教員あるいは研究者として勤務している者も多いです。その他の勤務場所では、精神神経センターや精神医学総合研究所などの研究機関、家庭裁判所などの司法関係、保健所など行政関係、企業の産業医などでの勤務も多いです。

これまでの和風会の活動内容や歴史については「精神医学の潮流:大阪大学精神医学教室120年の歩み」新興医学出版社(全949ページ)で詳述していますので、興味のある方はご一読ください。

wafukai-img.jpg大阪大学精神医学教室開講120周年記念懇親会
2014年3月30日 於 リーガロイヤルホテル