研究内容

 神経心理研究室での臨床・研究活動
mapping.gif
脳神経外科とのbrain mapping

神経心理学とは、人の認知、行動、感情、思考、さらには自我意識や社会性などといった人の心の働きと脳の関連を調べる学問です。私たちのグループは、この神経心理学を基本として、様々な臨床・研究活動を行っています。対象となる疾患は、

  • 神経科精神科に受診される認知症、軽度認知障害など器質性精神障害
  • 脳神経外科から紹介される脳腫瘍、てんかんに伴う高次脳機能障害
  • 救命救急センターから紹介される頭部外傷や脳卒中に伴う高次脳機能障害

などで、他科との連携による活動も行なっています。研究手法としても、

  • 神経心理学的に検討した詳細な症例検討
  • 神経心理検査や頭部MRI、脳血流SPECTを用いた多数例での研究
  • 情報通信技術(information and communication technology: ICT)を用いた研究
  • 認知症高齢者の方の地域連携に関わる研究

を行っています。

 臨床と研究の統合

CaseReport.jpg
失書を呈した神経変性疾患の症
例報告(高次脳機能研究2017)

私たちが行っている臨床研究は、患者さんをしっかりと診察することから始まります。まず患者さんの訴えをよく聞きます。次に神経学的診察や記憶、言語、認知などの高次脳機能の評価を行います。また脳の異常を捉えるためにMRI、脳血流SPECT、ドパミントランスポーター画像など幅広い画像検査を目的にあわせて施行します。そしてこれらの結果を総合的に検討して患者さんにおこっている異常を把握します。私たちの研究室では、カンファレンスを重視していますが、このカンファレンスを通して、正確な診断やよりよい治療法を皆で検討します。その中で、臨床上重要と考えられる症候を呈した患者さんがおられれば、学会発表や論文投稿を通して症例報告も行なっています。

この一連の過程で得られる様々な情報を、そのまま多数例での研究に活かしています。またこの研究の過程は、疾患の診断の過程そのものです。従って、グループメンバーの診療技術、画像の読影スキルも自然に向上するのです。

 主要な研究対象:MCI, AD, FTLD, DLB, iNPHなどの認知症疾患

aMCIapathy.jpg
健忘型MCI患者でアパシーと右尾状核の
体積が相関(J Alzheimers Dis.2017)

患者さんの数が多い疾患は臨床的に重要な疾患と言えます。現在、精神科診療において認知症は避けては通れない疾患となっています。我々はアルツハイマー病(AD)、前頭側頭葉変性症(FTLD)、レビー小体型認知症(DLB)の研究を行っています。また、認知症では早期診断の重要性が指摘されていますが、我々も軽度認知障害(MCI)やそれより軽度の認知障害を主訴とする方を対象とした研究も行っています。

Hydro2015_poster.jpg
大学院生も国際学会で発表

これに加えて当研究室において特に大きな研究成果を挙げている疾患として、特発性正常圧水頭症(idiopathic normal pressure hydrocephalus: iNPH)があります。iNPHは現時点で数少ない、治る可能性のある認知症として重要な疾患です。外科的治療が必要なため、脳神経外科疾患と考えられがちですが、精神科、神経内科、老年科でも、日常診療で出会うことのある疾患です。iNPH研究に関しては、我々は国際学会や多施設共同研究への参加、継続的な論文発表など、世界のトップを走っていると言っても過言ではありません。

 ICTの活用、地域連携

chienowa_bannar.png

私たちが行っている先駆的な研究としては、「認知症ちえのわnet」の開設があります。認知症患者さんの、①妄想、易怒性などの様々な行動・心理症状(BPSD)と、②この症状に対して介護者や医療者が行った様々な対応法、そして③その対応法が奏功したか否かという3つの情報のセットを日本全国から収集し、整理し、それぞれの対応法の奏功確率を明らかにし、公開するというICTを利用した研究事業です。
認知症ちえのわnetのご案内(pdfファイル)

mimamorinote.gif

また、兵庫県川西市と連携して、「認知症の地域連携システムの構築と、そのシステムの地方自治体における実際の導入」として、認知症診療における家族と医療職・介護職の情報共有を促進するための連携ファイル「みまもり・つながりノート」を導入し、家族や専門職の間での認知症に関する啓発や、ノートの有効な使用方法を検証する「連絡会」を毎月開催するなどの事業を展開してきました。

20181207bnr.jpg

さらに、兵庫県川西市において、実際に認知症患者さんが自宅のみならず、公道や店などで見られる症状に対して、どのような対応をされて、どのような結果になったのかについてのアンケート調査を行いました。このアンケートを集計し、"生活場面別の認知症の症状への対応マニュアル"を作成いたしました。

kougi_logo.png

同事業を通して、情報共有ノートや連絡会の有効性を報告(Psychogeriatrics 2018)し、当研究室としての同事業終了後も、川西市の介護保険におけるインフォーマルサービスとして継続され、我々も連絡会への継続的な参加をしています。ホームページ上で「みまもり・つながりノート」や、連絡会で行われた認知症・ケアガイド講義のビデオを公開中です。

 多施設共同研究

Lancet1.jpg
SINPHONI-2のプレスリリース

認知症の行動心理症状(BPSD)やiNPHに関する多施設共同研究、認知症やiNPHの診療ガイドライン作成事業など、多くの多施設共同研究にも参加しています。

iNPHに対する腰部くも膜下腔-腹腔シャント術(LPシャント術)の有効性を検証した多施設共同RCT・SINPHONI-2に主要メンバーとして参加した当研究室の数井講師(現・高知大学教授)が、筆頭著者としてその結果を報告しました(Lancet Neurol. 2015)。

BPSD_banner.jpg

BPSDに関する多施設共同研究では、全国の施設から2000を超える認知症症例のBPSDを検証し、4大認知症疾患の重症度別のBPSDの出現頻度を解析した「BPSD出現予測マップ」を報告(PLoS One 2016)、「BPSD出現予測マップ」とともに、頻繁に遭遇する対処困難なBPSDに対する「BPSD対応法説明ビデオ」などもホームページ上で公開しています。
また、この研究に参加した大学院生が、BPSDに対して有効と考えられる介護サービスについて学位論文として報告(Psychogeriatrics 2018)するなど、大学院生も多施設共同研究に積極的に参加しています。

 お気軽にお問い合わせください
kanfa.jpg
カンファでは実際の診療データ
を参照しながら、活発な議論を
しています。

研究室の勉強会(症例検討カンファレンス、抄読会)は毎週水曜日18時半から精神科医局で行っており、外部の様々な専門職の方や専門職を目指している学生さんもご参加いただけます。毎回、現在研究室に在籍しているメンバーだけでなく、研究室OBや近隣の医療施設に在籍されている医師・看護師・心理士・作業療法士・言語聴覚士など、多数の方にご参加いただいています。
興味のある方はneuropsychology.in.osakau@gmail.com(担当:佐藤)までご一報ください。