三好 紀子(みよし のりこ)

大阪大学大学院 医学系研究科 オンコロジーセンター特任助教

大阪大学大学院医学系研究科精神医学分野(兼任)

略歴

2001年3月 川崎医科大学医学部卒業
2005年4月 大阪大学大学院医学系研究科精神医学教室 博士課程修了(医学博士)
2006年4月 大阪大学大学院医学系研究科 特任研究員
2009年4月 大阪府こころの健康総合センター診療課 精神科非常勤医
2010年4月 大阪府こころの健康総合センター診療課 精神科常勤医
2012年2月 ためなが温泉病院 精神科医員
2017年9月 大阪大学大学院医学系研究科精神医学教室

資格

医学博士

日本精神神経学会精神科専門医・指導医

2017年9月から大阪大学精神医学教室にて発達障害、児童青年期の臨床に携わることになりました。大学院生時代には、神経心理教室にて、認知症、水頭症の研究をしていました。出産を機に、子育ての不思議、難しさから、小児の発達に興味をもち、そこから大阪府衛生会付属診療所や、大阪府こころの健康総合センターの先生方のご指導のもと、児童青年期精神科臨床の研鑽を積ませていただきました。また、こころの健康総合センターに勤務していた頃より、児童および成人の発達障害の方との数々の出会いを経験し、発達障害臨床に興味をひかれ、臨床を続けてまいりました。児童青年期臨床では、子供の精神及び認知発達には落ち着いた養育環境が重要であり、養育者を支えることも重要な点であると考えています。