専門医研修プログラム

専攻医の皆さんは入院患者の主治医となり、指導教官の指導を受けながら、診断、治療、社会支援、地域医療などを学びます。研修の過程で、ほとんど全ての精神疾患の診断と治療についての基礎から実践にわたる知識を身につけることができます。

基幹病院である阪大病院精神科は「教育研修の概要」で案内したように、幅広い疾患を経験できます。専門医取得に必要な経験症例である、児童・思春期、精神作用物質、症状性・器質性、パーソナリティー障害なども指導医と共に学ぶことができます。他科と密接な連携をとるような身体合併症やリエゾンの症例も多くあります。精神保健指定医に必要な症例も指導医と共に経験できます。

関連病院でも研修を継続し大学病院とは異なる経験をします。関連病院は豊富で、専攻医の皆さんは複数の施設をローテートし様々な経験を得ることができます。引き続き、精神保健指定医と日本精神神経学会専門医取得のための症例も経験していきます。なお本教室関係者は様々な種類の医療機関、教育機関、研究機関、学会運営や行政機関で活躍しています。同門会(和風会)の規模はおそらく国内最大です。皆さんの様々な進路希望について、研修中だけでなく研修終了後も相談や支援ができる環境だと思います。精神科サブスペシャリティの専門医取得にも適した環境です。

専門医研修プログラムに含まれる総合病院としては、①大阪府立急性期・総合医療センター、②大阪市立総合医療センター、③大阪医療センター、④箕面市立病院、⑤市立豊中病院、⑥大阪警察病院、⑦住友病院、⑧日生病院、⑨NTT西日本病院、⑩地域医療機能推進機構大阪病院(JCHO大阪病院)、⑪関西労災病院、といった近畿圏の主要な総合病院のほとんど全てを網羅しています。総合病院では身体合併症を有する精神疾患およびリエゾン精神医学を中心とした精神医療の研鑽を積んでいただきます。

精神科専門病院としては、⑫大阪府立精神医療センター、⑬浅香山病院、⑭榎坂病院、⑮清風会茨木病院、⑯箕面神経サナトリウム、⑰ためなが温泉病院、⑱阪和いずみ病院、⑲和泉丘病院、⑳大阪さやま病院、㉑小阪病院、㉒国分病院、㉓美原病院、㉔水間病院、㉕吉村病院、㉖七山病院といった大阪府内の主要病院を連携施設としており、地域の精神医療、司法精神医学、児童精神医療、認知症疾患医療センターにおける精神科臨床などの研鑽を積んでいただきます。

近年の脳神経科学の進歩に伴い、精神医学は今、変革の時期を迎えています。この変革の時期だからこそ、最新の知識を身近で得られる大学病院での研修をお勧めします。大阪大学精神医学教室では、古くから、最先端の自然科学的知識を大切にしています。専攻医の皆さんも、分子生物学的手法、神経心理学的手法、神経画像学的手法、精神生理学的手法などを学んでいただきたいと思っています。これらの最新の手法をこれまでの心理学的、社会的、精神病理学的手法と融合させて新しい精神医学の形を皆さんと作っていきたいと思っています。また乳幼児から児童・思春期、壮年期、老年期に至る人間の全てのライフステージすべてにおいて包括的な理解を深め、精神科医として質の高い臨床能力を培っていただきたいと思っています。私たちとともに、精神医学の未来を切り開きましょう。

担当・連絡先

診療局長 田上 真次 e-mail : tagami@psy.med.osaka-u.ac.jp

研修については随時相談可能です。
医局見学も随時可能なので興味ある方はご相談ください。
医局説明会等の情報はHPトップページの「イベント・若手医師向け情報」に掲示します。
医局説明会等の情報は希望者には医局からメールでも直接通知するようにします。

ローテーションの例

rotation-ex-large.png

  • 多数(26施設)の特徴的な研修連携施設があります。
  • 上記モデル以外にも多様な研修プログラムがあり得ます。
    (例:中毒・アルコール精神病を志望の方は阪和いずみ病院など)
  • 初年度は大学病院で研修します。
  • 2~3年目は総合病院と精神科病院をそれぞれ約1年間研修します。

基幹病院、総合病院、単科精神病院を軸に、専攻医のニーズに応じて多様な研修が可能である。専門性の高い経験をさまざまに積むために半年程度のローテートも考慮する。
希望があれば大学院に進むこともできる。