診療内容

  1. HOME
  2. 診療内容
  3. 成人心疾患
  4. 成人心疾患(弁膜症)

成人心疾患(弁膜症)

心臓の構造と血液の流れ

心臓には4つの部屋があり、左右の心房(血液の入る部屋)と左右の心室(血液を送り出す部屋)に分かれます。また左の心室からは大動脈、右の心室からは肺動脈が出ています。

全身からかえってきた血液はまず右心房に入ります。右心房からは「三尖弁」を通過し、右心室へ入ります。右心室からは「肺動脈弁」を通過し肺へ流れ、二酸化炭素と酸素を交換して左心房へかえってきます。左心房から左心室へは「僧帽弁」という弁を通過し流れていきます。左心室からは「大動脈弁」を通過し、全身へと流れていきます。

これら4つの弁は逆流を防止する働きを担っており、血液が全身をスムーズに流れるためにとても重要な働きをしています。

心臓の構造と血液の流れの動画

正常大動脈弁

正常僧帽弁

エドワーズライフサイエンス株式会社提供

心臓弁膜症

これらの弁の開閉機能に異常が起こって、通過障害(狭窄症)や逆流(閉鎖不全症)することで血液の流れが悪くなり、心不全となる病態を心臓弁膜症と呼びます。寿命が非常に長い日本では弁膜症患者さんも増加傾向にありめずらしい病気ではありません。聴診による心雑音の有無、心臓超音波検査(心エコー検査)などで発見されたり、診断されたりすることがほとんどです。

当科では様々な弁膜症手術を取り扱っておりますが、ここでは比較的手術件数が多い「大動脈弁狭窄症」「大動脈弁閉鎖不全症」「僧帽弁狭窄症」「僧帽弁閉鎖不全症」について説明します。その他の弁膜症については、当科またはかかりつけの先生にご相談下さい。

当科が取り扱う弁膜症(抜粋)

  • 大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症(大動脈弁逆流症)、大動脈弁狭窄症兼閉鎖不全症、狭小大動脈弁輪、大動脈弁輪拡張症
  • 僧帽弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症(僧帽弁逆流症)、僧帽弁狭窄症兼閉鎖不全症、僧帽弁逸脱、乳頭筋機能不全、乳頭筋断裂、腱索断裂、虚血性僧帽弁閉鎖不全症
  • 心房細動に対する手術(maze手術)を同時に行う場合があります。
  • 三尖弁狭窄症、三尖弁閉鎖不全症(三尖弁逆流症)
  • 肺動脈弁狭窄症、肺動脈弁閉鎖不全症(肺動脈弁逆流症)
  • 連合弁膜症
  • 感染性心内膜炎

大動脈弁狭窄症

この病気の原因として最も多いのは大動脈弁における動脈硬化の進行です。特に高齢者に多く、動脈硬化により大動脈弁が硬くなって一部に石灰組織が沈着し、開きが悪くなってしまいます。一方、比較的若い方でも「大動脈二尖弁」といわれる先天的な弁の異常により大動脈弁狭窄症を発症する場合もあります。

いずれも場合も重症になると大動脈弁がほとんど開かなくなり体中に血液を十分に送れなくなるため、胸痛や失神、息切れを起こすことがあります。

治療方法としては一般的に大動脈弁置換術があり、現在の標準的な治療です。大動脈弁置換術は、人工心肺を用いて傷んだ大動脈弁を切り取り、人工弁(機械弁/生体弁)を縫い付ける手術です。

最近では、人工心肺を使用せずに弁置換術を行う、経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)が2009年10月に当科から開始されました。そのため人工心肺の使用が困難と思われてきた患者さんにも治療が広がっており、2016年10月現在で経カテーテル的大動脈弁置換術の経験数は400例に達し、国内最多を誇っています。

この病気の原因として最も多いのは大動脈弁における動脈硬化の進行です。特に高齢者に多く、動脈硬化により大動脈弁が硬くなって一部に石灰組織が沈着し、開きが悪くなってしまいます。一方、比較的若い方でも「大動脈二尖弁」といわれる先天的な弁の異常により大動脈弁狭窄症を発症する場合もあります。

いずれも場合も重症になると大動脈弁がほとんど開かなくなり体中に血液を十分に送れなくなるため、胸痛や失神、息切れを起こすことがあります。

大動脈弁狭窄症の動画

病変の動画

治療(弁置換:機械弁)

治療(弁置換:生体弁)

エドワーズライフサイエンス株式会社提供

大動脈弁閉鎖不全症

この病気は加齢や高血圧により大動脈弁が痛み、発症することがあります。また大動脈弁は左心室と大動脈の境目にあるため、大動脈の拡大によっても弁が影響を受け閉鎖不全症を発症することがあります。一般的には初めは無症状ですが、進行すると息切れや倦怠感などの心不全症状を呈するようになります。

進行した大動脈弁閉鎖不全症には基本的に大動脈弁置換術(機械弁/生体弁)が適応となります。当院では積極的に右肋間小開胸で行うMICS手術(Minimally invasive cardiac surgery)を行っており、小さな手術創で、患者さんの負担が少ない手術を目指しています。しかし全ての患者さんにMICS手術が出来るわけではなく、安全に手術を遂行できると判断した症例に対して行っております。

また大動脈弁の状態によっては人工弁を使用せずに自分の大動脈弁をなるべく残した状態で治す弁形成術を行うこともあります。

大動脈弁閉鎖不全症の動画

病変の動画

治療(弁置換:機械弁)

治療(弁置換:生体弁)

僧帽弁狭窄症

ほとんどがリウマチ熱による慢性炎症性変化のため、僧帽弁が肥厚・石灰化したり周囲の組織と癒着したりして僧帽弁の動きが制限されて発症します。進行すると息切れや起座呼吸などの心不全症状を呈します。

進行した僧帽弁狭窄症の治療は経カテーテル的僧帽弁交連切開術あるいは僧帽弁置換術(機械弁/生体弁)を行います。経カテーテル的僧帽弁交連切開術は僧帽弁置換術に比べ低侵襲ではありますが、適応となる症例が限られているため、どちらの治療が適しているかは個別に判断することが必要となりますので、お気軽にご相談下さい。

注)経カテーテル的交連切開術は循環器内科での治療となります。

僧帽弁狭窄症の動画

病変の動画

治療(弁置換:機械弁)

治療(弁置換:生体弁)

エドワーズライフサイエンス株式会社提供

僧帽弁閉鎖不全症

この病気の原因は様々ですが、近年多くみられるものに「僧帽弁逸脱症」や「腱索断裂」があります。腱索というのは僧帽弁を左室側から引っ張っている「ひも」のようなものであり、この一部が切れたりして、弱くなることで、弁の一部が左房側にひっくり返るようになって逆流が起こる病気です。

中等度〜重度の僧帽弁の逆流が続くと心不全を発症し、息切れが出たり、肺に水が貯まったりすることがあります。

僧帽弁閉鎖不全症に対しては可能な限り、自己弁の機能を温存する、僧帽弁形成術を行っています。当院では積極的に右肋間小開胸で行うMICS手術(Minimally invasive cardiac surgery)をやっており、小さな手術創で、患者さんの負担が少ない手術を目指しています。

しかし全ての患者さんに弁形成術が適応となるとは限りません。弁形成術が困難である場合には弁置換術(機械弁/生体弁)を行います。

僧帽弁閉鎖不全症の動画

病変の動画

治療(弁形成)

治療(弁置換:機械弁)

治療(弁置換:生体弁)

エドワーズライフサイエンス株式会社提供

人工弁

人工弁には機械弁と生体弁の2種類があります。

機械弁はパイライト・カーボンという素材からできた、二様弁が多く用いられております。耐久性に優れ、機械的性能だけからみると一度手術すれば一生もつと考えられています。

しかし機械弁を植え込むと、血栓ができるのを防ぐため、血液が固まらないようにするワーファリンというお薬を一生飲み続ける必要があります。

ワーファリンは効き過ぎると、血が固まらなくて出血しやすくなり、逆に効果が不十分だと血栓ができてしまうので、手術後落ち着いてからも月に1回程度採血をして効き具合を調べ、その結果に応じてワーファリンの服薬量を増やしたり、減らしたりしなければなりません。また、ワーファリンは妊娠中に服用すると胎児に奇形を起こす可能性のあることが知られております。

生体弁は、ウシの心膜(心臓の表面を覆っている薄い膜)や、ブタの心臓弁を、ヒトの心臓に移植できるように加工したものがあります。弁の材質が生体なので、弁に血栓ができる可能性が極めて低くなるため、不整脈合併など他の要因がなければ、手術直後の数か月を除いてワーファリンを飲む必要がありません。ただし、生体弁の耐久性は機械弁に比べると劣り、およそ15年前後で弁が硬くなり、動きが悪くなって狭窄や逆流が生じることがあり、最終的に再び手術が必要となる可能性があります。

一般的に、若い方は一生もつと考えられる機械弁を、また高齢者では生体弁を選択されることが多いですが、どの人工弁を使用するかは患者さんの年齢や状態を考慮して、患者さんと相談の上決定します。

以上のように弁膜症に対する手術は従来の弁置換術/弁形成術から患者さんの負担の少ない低侵襲手術(TAVI、MICS手術)まで多岐にわたり、診断、検査、治療と、専門医による高度な判断と技術を要します。

これらの疾患以外にも、肺動脈弁狭窄症、肺動脈弁閉鎖不全症、三尖弁狭窄症、三尖弁閉鎖不全症、感染性心内膜炎による弁膜症など様々な疾患に対して手術を行っております。

弁膜症と診断され、当院で治療をご希望の方はいつでも診察を受けることができますので、お気軽にご相談ください。当科の専門医が患者さんとともに治療方針を決定し、最新・最良の医療を提供できるように尽力いたします。

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。