研究実績・学術活動

  1. HOME
  2. 研究実績・学術活動
  3. 現在進行中の自主臨床研究(公開)
  4. 耳介後部コネクターを用いた植込み型補助人工心臓の安全性に関する研究(患者申出療養制度)

現在進行中の自主臨床研究(公開)

耳介後部コネクターを用いた植込み型補助人工心臓の安全性に関する研究(患者申出療養制度)

研究課題名

耳介後部コネクターを用いた植込み型補助人工心臓の安全性に関する研究(患者申出療養制度)

研究機関名

大阪大学医学部附属病院

研究代表者

心臓血管外科 教授 澤 芳樹

目的

本邦では、「Jarvik2000®植込み型補助人工心臓システム」は電源接続部として腹部コネクターを用いる形で2013年10月より承認されている。一方で、電源接続部として耳介後部コネクターを用いた「Jarvik2000®植込み型補助人工心臓システム」は、ヨーロッパでは2005年5月よりCEマークを得て認可されている。本試験の目的は「Jarvik2000®植込み型補助人工心臓システム」を用いて、耳介後部コネクターを用いた場合の植込み術後6ヵ月までの安全性を確認することである。

対象

2017年2月1日〜2021年12月31日に当院で「Jarvik2000®植込み型補助人工心臓システム」耳介後部モデルの植込み手術を受けられた方

方法

選択基準・除外基準を満たした患者に、植込み手術を行う。術後1週間後、術後1ヶ月後、術後3ヶ月後、術後6ヶ月後の検査を実施する。

研究期間

2020年3月31日まで

研究に用いる
試料・情報の種類

情報:術前情報(病歴)、手術所見、合併症・有害事象、術後1週間後、術後1ヶ月後、術後3ヶ月後、術後6ヶ月後の検査データ・身体機能の推移、等

試料・情報の管理者

心臓血管外科 河村拓史

研究に関する資料の開示

この臨床研究について、さらに詳しい内容を知りたい場合は、他の患者さんの個人情報保護やこの臨床研究の知財財産の保護等に支障がない範囲内で、提示することができますので、下記相談窓口までご連絡ください。
また、個人情報の開示に関する手続きは、下記を参照ください。
http://www.hosp.med.osaka-u.ac.jp/privacy/

相談窓口
お問い合わせ先

ご自身の情報を研究に使ってほしくないとお考えの場合には、ご本人または代理人の方の求めに応じて、試料や情報の利用や他施設への提供を停止いたしますので、2020年3月31日までに下記までご連絡ください。

大阪大学大学院医学系研究科
外科学講座 心臓血管外科
担当者:心臓血管外科 河村拓史
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2

TEL:  06-6879-3154

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。