研究実績・学術活動

  1. HOME
  2. 研究実績・学術活動
  3. 現在進行中の自主臨床研究(公開)
  4. 非接触型シートセンサーによる生体モニタリングシステムを用いた心不全評価

現在進行中の自主臨床研究(公開)

非接触型シートセンサーによる生体モニタリングシステムを用いた心不全評価

研究課題名

非接触型シートセンサーによる生体モニタリングシステムを用いた心不全評価

研究機関名

大阪大学医学部附属病院

研究代表者

心臓血管外科 教授 澤 芳樹

目的

非接触型シートセンサーを用いて、夜間睡眠時の呼吸の乱れを定量化し、心不全の重症度の指標となるかを検討する。

対象

当院に慢性心不全で入院された20歳以上の患者さん

方法

非接触型シートセンサーにてモニタリングされた夜間呼吸波形の解析を行い、一般的な心不全指標との相関の評価を行う。

研究期間

2021年3月31日まで

研究に用いる
試料・情報の種類

通常の医療において、取得する診療情報

試料・情報の管理者

心臓血管外科 教授 澤 芳樹

研究に関する資料の開示

この臨床研究について、さらに詳しい内容を知りたい場合は、他の患者さんの個人情報保護やこの臨床研究の知財財産の保護等に支障がない範囲内で、提示することができますので、下記相談窓口までご連絡ください。
また、個人情報の開示に関する手続きは、下記を参照ください。
http://www.hosp.med.osaka-u.ac.jp/privacy/

相談窓口
お問い合わせ先

試料・情報が当該研究に用いられることについて患者さんもしくは患者さんの代理人の方にご了承いただけない場合には研究対象としませんので、2021年3月31日までに下記までご連絡ください。その場合でも患者さんに不利益が生じることはありません。

大阪大学大学院医学系研究科
外科学講座 心臓血管外科
担当者:堂前 圭太郎
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2

TEL:  06-6879-3154

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。