研究実績・学術活動

  1. HOME
  2. 研究実績・学術活動
  3. 現在進行中の自主臨床研究(公開)
  4. 慢性心不全患者を対象とした革新的ICT遠隔モニタリングシステムによる心不全増悪の早期検出能に関する研究

現在進行中の自主臨床研究(公開)

慢性心不全患者を対象とした革新的ICT遠隔モニタリングシステムによる心不全増悪の早期検出能に関する研究

研究課題名

慢性心不全患者を対象とした革新的ICT遠隔モニタリングシステムによる心不全増悪の早期検出能に関する研究

研究機関名
  • 大阪大学医学部附属病院
  • 射水市民病院
  • 田附興風会医学研究所 北野病院
  • 高岡ふしき病院
  • 三重大学医学部附属病院
研究代表者

大阪大学医学部附属病院 心臓血管外科 特任教授 宮川 繁

目的

慢性心不全患者を対象として、在宅環境下で連日生体情報を収集し、呼吸安定性指標(Respiratory Stability Index: RSI)が心不全増悪の早期検出指標になるかを検討します。

対象

本研究の実施研究機関に通院する慢性心不全の患者

方法

ご本人から文書による同意を得られた心不全患者さんのご自宅にシート型ベッドモニターシステムを設置し、ICT遠隔モニタリングシステムを用いて在宅環境下のRSIを算出・収集します。担当医師は、ガイドラインにそった心不全治療・検査を定期的に行い、臨床研究終了後にRSIの心不全増悪の早期検出力を解析・検討します。

研究期間

2019年9月1日

研究に用いる
試料・情報の種類

年齢、性別、一般身体所見、血液検査所見、生理検査所見、投与薬剤、遠隔モニタリングで自動集積される情報(終夜呼吸解析、心拍解析、体動解析、臥床時間解析)

試料・情報の管理者

宮川 繁

研究に関する資料の開示

この臨床研究について、さらに詳しい内容を知りたい場合は、他の患者さんの個人情報保護やこの臨床研究の知財財産の保護等に支障がない範囲内で、提示することができますので、下記相談窓口までご連絡ください。
また、個人情報の開示に関する手続きは、下記を参照ください。
http://www.hosp.med.osaka-u.ac.jp/privacy/

相談窓口
お問い合わせ先

試料・情報が当該研究に用いられることについて患者さんもしくは患者さんの代理人の方にご了承いただけない場合には研究対象としませんので、2019年9月1日までに下記までご連絡ください。その場合でも患者さんに不利益が生じることはありません。

大阪大学大学院医学系研究科 外科学講座 心臓血管外科
問合せ担当者:迫田 実香
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2

TEL:  06-6879-3154

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。