最先端医療の提供

  1. HOME
  2. 最先端医療の提供
  3. 末梢血管外科(我々はこんなこともやっています)

末梢血管外科(我々はこんなこともやっています)

閉塞性動脈硬化症に対するハイブリット手術

それぞれの病態に応じ、通常個別に行われている手術治療(外科治療)とカテーテル治療(内科治療)を組み合わせ、よりベストな治療を一期的に行います。

ステントグラフト治療の末梢血管領域への適応拡大

最先端の治療を行うことで、従来の外科的治療と同等の成績をより低侵襲に提供します。

拡大大腿深動脈形成術

通常、血行再建が行いにくい領域までの血行再建を積極的に行っています。

足背動脈へのカテーテル治療

合併症が多い方やバイパス術後の再虚血に対して、より末梢へのカテーテル治療も適宜行っています。

胸部大動脈

大血管グループと綿密に連携し、人工血管置換術、ステントグラフト内挿術を行っています。

腹部大動脈

大血管グループと綿密に連携し、人工血管置換術、ステントグラフト内挿術を行っています。

IVC、腸骨静脈血栓除去術

DVT、PTEに対する外科治療を含めた集学的治療を実践しています。

慢性静脈機能不全(静脈血栓後症候群)に対する下肢静脈弁形成術

厳密な適応のもと、深部静脈弁形成術、弁移植術を行っています。

重症虚血に対する血管新生療法

ふくらはぎの筋肉に血管新生物質を注射、数週間で筋肉内に微小血管が発達してくることを期待した治療法です。

難治性うっ滞性皮膚潰瘍に対する外科的治療

保存的治療のみでは、難治性の皮膚潰瘍に対して積極的に外科治療を行っています。

腫瘍切除に合併した血行再建

血行再建術を組み合わせて、今まで切除不能とされてきた進行した腫瘍の切除を可能にしています。

あなたは旧式のブラウザをご利用中です
このウェブサイトを快適に閲覧するにはブラウザをアップグレードしてください。