DNA/RNA分析用マイクロチップ電気泳動装置

紹介

アガロースゲル電気泳動法に変わる新しい自動分析プラットフォームです。
DNA/RNAの有無やサイズを迅速・簡便にチェックできます。
ゲノム編集による変異導入の確認やジェノタイピング、
NGSのサンプルQC、PCR-RFLPなど様々な用途にご利用ください。

詳細

機器名(英名)

Microchip Electrophoresis System for DNA/RNA Analysis

規格・型式

MCE-202, MultiNA

メーカー名

SHIMADZU

設置場所

D91-13 [ 測定室2 ]

主担当者

丹羽 [ 内線:3990 ]

副担当者

寺尾 [ 内線:3890 ]

医学科外利用

利用可

学外利用

利用不可

有償/無償

有償

この機器について

共同研スタッフが受託解析します。
MyPAGEの「MultiNA解析」からオンラインでお申し込みください。
DNAサンプルのみを受け付けています。

詳細は、「受託サービス」内の「DNA/RNA分析用マイクロチップ電気泳動装置 MultiNA」
http://www2.med.osaka-u.ac.jp/ctrlab/service/MultiNA/)をご覧ください。

戻る

共同研へのご質問・お問い合せ
staff[at]ctrlab.med.osaka-u.ac.jp
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘 2-2 大阪大学大学院医学系研究科 附属共同研究実習センター