サーマルサイクラー

紹介

独立制御可能な3 x 32-wellブロックを搭載しています。

詳細

機器名(英名)

DNA Thermal Cycler

規格・型式

ProFlex PCR System, 3×32well, 0.2mL

メーカー名

Lifetechnologies

設置場所

D91-13 [ 測定室2 ]

主担当者

丹羽 [ 内線:3990 ]

副担当者

寺尾 [ 内線:3890 ]

医学科外利用

利用可

学外利用

利用不可

有償/無償

無償

この機器について

〇3x32-wellシステムの独立した3つのブロックにより、複数のサイクル条件を同時に作動させたり、それぞれの時間に使用したりすることが可能です。
※予約システムでブロックごとに予約可能です。
〇シミュレーションモード:GeneAmp PCR System 9600、GeneAmp PCR System 9700、Veriti 96-well 0.2mL、Bio-Rad C1000 Touch、Bio-Rad MyCycler、Eppendorf Mastercycler gradient、MJ Research PTC-200のランプレートをシミュレート。条件の移行をサポート。
〇ランプレート:各ステップのランプレートを変更。ブロック温度の最大移行温度6.0℃/秒。
〇Veri-Flexブロック:選択したステップにおいて1ブロックあたり2つのゾーンで異なる温度に設定可能。
〇AutoDelta:選択したステップにおいてDELTA温度や時間を設定可能。

※4℃での長時間放置は、ヒートブロックの寿命を縮めることになりますので、ご遠慮ください。

戻る

共同研へのご質問・お問い合せ
staff[at]ctrlab.med.osaka-u.ac.jp
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘 2-2 大阪大学大学院医学系研究科 附属共同研究実習センター