ハイコンテンツ画像解析装置

紹介

豊富な情報を活用したサブポピュレーション解析が可能です。

詳細

機器名(英名)

High-content Analysis Imager

規格・型式

IN Cell Analyzer 6000

メーカー名

GE Healthcare

設置場所

DX1-05 [ JRB 中央実験室 ]

主担当者

寺尾 [ 内線:3890 ]

医学科外利用

利用可

学外利用

利用不可

有償/無償

有償

この機器について

レーザー型ラインスキャニング共焦点システムを搭載したイメージングサイトメーターです。  
フローサイトメーター、顕微鏡、ウェスタンブロッティングなど従 来の解析手法単独では得られなかった、細胞形態情報と複数のタンパク質の局在、  発現情報をリンクさせ、複雑な細胞システムを解明する有効なツールです。 96ウェルプレートのホールウェル撮影およびプレビュースキャン機能を搭載しています。
オプション機能のライブセルイメージングモジュールを搭載すれば、タイムラプス測定も可能です。
プレートはプラスチックボトム、ガラスボトムいずれも観察可能です。
厳密な輝度値の解析をする場合はイメージングプレートなどのガラスボトムをご使用ください。
作動距離の上限は5mmになります。
スカート丈の長いプラスチックプレートをご使用の場合は「ボトムの高さ」を予めご確認ください。


◇利用者登録について
  IN Cell Analyzer6000の利用は登録制とします。“staff@ctrlab.med.osaka-u.ac.jp”に 「INCA利用者登録」の題名で、
1)所属、2)氏名、3)職位、4)E-mailアドレス、5)内線番号、6)支払責任者の氏名、 7)使用説明会受講の有無
以上の内容をお送りください。アプリケーション説明会・相談会 などのお知らせをします。

◇利用時間・予約について
多くのユーザーが利用されますので、長時間の利用は夜7時以降もしくは土日・祝日にお願い します。
平日のAM8:00-PM7:00の予約は4時間が上限です。予約は35日前から可能です。
データについて
必ず外付けHDをご用意ください(USB3.0推奨)。
いずれの共通PCにもデータは残さないでください。

◇サポート
IN Cell Analyzer User's site: https://members.gelifesciences.co.jp/incell/login.php IN Cell Analyzerをお使いの方はご登録ください。プロトコール、アプリケーション情報、 プレート情報等もこちらからダウンロードできます。GEの大阪大学担当は中沢さんです。 INCAについてのお問い合わせ:GE テクニカルサポート 03-5331-9336 (INCAは3を選択)

【マニュアル】
機器の制御PCにPDFの形式で以下のマニュアルを置いています。
必要なマニュアルをコピーください。
マニュアル 
(GEのIN Cell Analyzer User's siteに掲載されているものが最新です。下記以外のファイルはUser's siteからダウンロードください)
IN Cell Analyzer 6000 操作マニュアル
IN Cell Analyzer 6000 操作マニュアル(English)
Developer Toolbox 1.9 ユーザーマニュアル
IN Cell Developer Toolbox チュートリアル Granularity解析Protocol作成方法
IN Cell Developer Toolbox チュートリアル 核移行解析のためのプロトコル構築
IN Cell Developer Toolbox v1.6 User's Reference Manual
IN Cell Investigator IN Cell Developer Toolbox v1.9 User Manual Supplement
IN Cell Analyzer Workstation V3.7 簡易マニュアル
IN Cell Analyzer Workstation マルチターゲット解析 日本語版マニュアルv2
IN Cell Translator v2.0.92 簡易マニュアル

戻る

共同研へのご質問・お問い合せ
staff[at]ctrlab.med.osaka-u.ac.jp
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘 2-2 大阪大学大学院医学系研究科 附属共同研究実習センター