画像解析・画像処理ソフト (4Dデータ解析用)

紹介

3D/4D 画像解析ソリューションです。
平成30年10月に新たに2種類のオプションモジュールを追加しました。

詳細

機器名(英名)

Analysis Software

規格・型式

IMARIS

メーカー名

Carl Zeiss

設置場所

D81-04 [ 8階顕微鏡室 1 ]

主担当者

寺尾 [ 内線:3890 ]

副担当者

米澤 [ 内線:3590 ]

医学科外利用

利用可

学外利用

利用不可

有償/無償

無償

この機器について

レーザ顕微鏡、光学顕微鏡ベースのセクショニングシステム、あるいはデコンボルーション処理などで得られた 3D/4D画像データを視覚化するために必要な機能を全て備えた基本ソフトウェアです。

任意の視点から素早く様々なタイプの立体像を構築できます。 
異なるレンダリングの立体・平面像を組み合わせて同時に表示することもでき、表現力は無限です。 作成した立体像からは、シンプルな回転から複雑な動作の動画まで簡単に作成することができ、QuickTime や AVI 形式で保存が可能なので効果的なプレゼンテーションに利用できます。 
◇Imaris基本機能
◇Imaris MeasurementPro (3D 画像の様々な測定をし定量化)
◇ImarisTrack (オブジェクトの軌跡解析)
◇ImarisColoc (3D共局在解析)
◇ImarisVantage (注釈編集とデータ処理)
◇Filament Tracer (フィラメント解析) New!!
◇Imaris Cell (多重蛍光染色における2D/3D/4D解析) New!!

戻る

共同研へのご質問・お問い合せ
staff[at]ctrlab.med.osaka-u.ac.jp
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘 2-2 大阪大学大学院医学系研究科 附属共同研究実習センター