共焦点レーザー走査顕微鏡

紹介

蛍光標本をレーザー光で走査し、発する蛍光像の焦点面の像を検出します。
分光型ですので任意の波長を検出できます。
透明標本の深部観察において高いパフォーマンスを発揮するシリコーン浸対物レンズ(60倍、100倍)を装備しています。
こちらの機器は手動式のレボルバになります。

詳細

機器名(英名)

Confocal laser scanning microscope

規格・型式

FV1200 (BX)

メーカー名

Olympus

設置場所

DX1-05 [ JRB 中央実験室 ]

主担当者

寺尾 [ 内線:3890 ]

副担当者

米澤 [ 内線:3590 ]

医学科外利用

利用可

学外利用

利用可

有償/無償

有償

この機器について

【仕様】
・顕微鏡:BX61WIベース(正立・フォーカス補正機能付き)
電動ステージ、手動式レボルバ
・対物レンズ:UPLSAPO10X,20X,40X(Dry)、UPLSAPO60X,100X(Silicon)
・搭載レーザー:405、473、559、635nm (All LDレーザー)
・スキャナー:分光タイプ
・検出器:蛍光4CH(PMT), 透過1CH
・制御用PC:Microsoft Windows
・その他:電動ステージ、タッチパネルによるフィルター切り替え、手動式レボルバ

戻る

共同研へのご質問・お問い合せ
staff[at]ctrlab.med.osaka-u.ac.jp
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘 2-2 大阪大学大学院医学系研究科 附属共同研究実習センター