画像解析・画像処理ソフト (3D骨形態計測用)

紹介

CT撮影した骨の3次元骨形態計測を行います。

詳細

機器名(英名)

Analysis Software (3D bone morphometric software)

規格・型式

TRI/3D BON64

メーカー名

RATOC

設置場所

D81-04 [ 8階顕微鏡室 1 ]

主担当者

寺尾 [ 内線:3890 ]

医学科外利用

利用可

学外利用

利用不可

有償/無償

無償

この機器について

3次元で骨量BV(cm )、骨体積密度BV/TV(%)、海綿骨微細構造を3次元の概念である骨梁の寸法(厚さTb.Th,幅Tb.W、間隙Tb.SP、骨梁数Tb.N)、骨梁の板状棒状の指標であるストラクチャーモデルインデックス(SMI)を測定
し、骨量の増減、形態変化、部位毎の特徴など骨の状態を表現する指標を得ることができます。

戻る

共同研へのご質問・お問い合せ
staff[at]ctrlab.med.osaka-u.ac.jp
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘 2-2 大阪大学大学院医学系研究科 附属共同研究実習センター