画像解析・画像処理ソフト

紹介

平成30年春ごろに正式販売予定の解析ソフトのベータ版になります。随時バージョンを更新いたします。
様々なパラメーターを組み合わせた画像データの数値化が可能です。

詳細

機器名(英名)

Analysis Software

規格・型式

IN Carta image analysis software

メーカー名

GE Healthcare

設置場所

DX1-05 [ JRB 中央実験室 ]

主担当者

寺尾 [ 内線:3890 ]

医学科外利用

利用可

学外利用

利用不可

有償/無償

無償

この機器について

フローサイトメーターと同様に細胞のサブポピュレーション解析が可能です。また、画像解析から得られる細胞形態情報(大きさ、周囲長、真円率など)や、細胞1個あたりに存在するスポット(例:レセプター、オルガネラ)の数、局在情報などをゲーティングのパラメーターとして用いることができます。TIFF画像を読み込み可能のため、IN Cell Analyzer6000以外の顕微鏡で撮影したデータも数値化できます。

また、同じPCに入っている解析ソフトウェアIN Cell Investigator (Workstation)には、各アプリケーションに対応する10種類の解析アルゴリズムが搭載されています。細胞画像をもとにした感覚的な操作は、初心者の方でも簡単に設定・解析を進めることができます。

戻る

共同研へのご質問・お問い合せ
staff[at]ctrlab.med.osaka-u.ac.jp
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘 2-2 大阪大学大学院医学系研究科 附属共同研究実習センター