エレクトロポレーター(細胞・微生物用)

紹介

2018年11月コンプリートシステムにグレードアップ!
エレクトロポレーション法を用いて、細胞や微生物へ核酸、タンパク質、糖などの物質を導入する装置です。キュベット内の懸濁させた溶液に高電圧の電気パルスをかけて細胞膜の構造を一時的に変化させ、その透過性を増加させることによって物質の導入を行います。電気パルスの波形は、エクスポネンシャル(減衰波)とスクエア(矩形波)の両方を供給することができます。
初代細胞および幹細胞から細菌および酵母に至るまであらゆる種類の細胞へのトランスフェクションが可能です。

詳細

機器名(英名)

Electroporation System

規格・型式

Gene Pulser Xcell コンプリートシステム

メーカー名

Bio-Rad

設置場所

D91-09 [ P2実験室 ]

主担当者

丹羽 [ 内線:3990 ]

副担当者

寺尾 [ 内線:3890 ]

医学科外利用

利用可

学外利用

利用不可

有償/無償

無償

この機器について

キュベットは各自でご用意ください。

Gene Pulser エレクトロポレーションキュベット (Bio-Rad)
・Package of 50, 0.1cm gap Catalog#1652089
・Package of 50, 0.2cm gap Catalog#1652086
・Package of 50, 0.4cm gap Catalog#1652088

※当機はP2実験室での利用です。
※2018年11月22日から予約システム対象機器となりました。
予約してからご利用ください。使用後は備え付けの「利用記録簿」にご記入ください。

戻る

共同研へのご質問・お問い合せ
staff[at]ctrlab.med.osaka-u.ac.jp
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘 2-2 大阪大学大学院医学系研究科 附属共同研究実習センター