共焦点レーザー走査顕微鏡

紹介

高精度・高分解能なシステムにより、細胞・組織の形態と細胞内の局在を立体的に観ることができます。
さらに、分子の動態を定量化するために、細胞内の分子の拡散係数を計測する機能を搭載しており、
”観察から計測へ”の実験系が可能です。
1.25X(Dry)対物レンズを搭載しているためMAP機能を活用したタイリング画像も簡単・綺麗に取得いただけます。

詳細

機器名(英名)

Confocal laser scanning microscope

規格・型式

FV3000

メーカー名

Olympus

設置場所

DX1-05 [ JRB 中央実験室 ]

主担当者

寺尾 [ 内線:3890 ]

医学科外利用

利用可

学外利用

利用不可

有償/無償

有償

この機器について

【仕様】
・顕微鏡:IX81‐ZDC(倒立型)
・対物レンズ:UPLSAPO1.25X,10X,20X,40X(Dry)、UPLSAPO60X,100X(Oil)、
1.25X(Dry) NA0.04 WD5.0
10X(Dry)  NA0.4 WD3.1
20X(Dry)  NA0.8 WD0.6
40X(Dry)  NA0.95 WD0.18
60X(Oil)  NA1.42 WD0.15
100XO(Oil) NA1.45 WD0.13

・搭載レーザー:405、488、561、640nm (All LDレーザー)
・スキャナー:GaAsP PMT 同時に2CH撮像可能。3CH以上の場合はバーチャル設定で可能。分光タイプ

・検出器:超高感度検出器ユニット(GaAsP PMT)2CH、透過1CH
・制御用PC:Microsoft Windows10
・その他:電動ステージ、顕微鏡用画像解析ソフトウェア「cellSens(セルセンス)」
油浸レンズオイル滴下用ガラス製ステージプレート(中座)は7階管理室での貸し出しになります。

戻る

共同研へのご質問・お問い合せ
staff[at]ctrlab.med.osaka-u.ac.jp
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘 2-2 大阪大学大学院医学系研究科 附属共同研究実習センター