「PCSTにて」

5月16日から20日まで韓国・ソウルに行ってきました。
ただし、お断りしておきますと、観光ではなく、The 9th International Conference on Public Communication of Science and Technology(PCST-9th)という科学コミュニケーションの国際会議に参加するためです。

お世辞にもできるとは言い難い英語力で口頭発表やポスターセッションを聞いてきたわけですが、そのなかで考えたことを一つ書きたいと思います。

本学会最終日のPlenary Sessionで、カナダのBernard Schiele博士が科学コミュニケーションにおけるLocal Activityの重要性を強調されていました。このことはこの学会、さらには科学コミュニケーションという分野そのものの全体像を象徴しているように思えます。事実、他の個別発表でもそういったLocalな科学コミュニケーションの事例報告が多く成されており、またその重要性は度々指摘されていたように思えます。

そこで私が考えたこととは、「科学の研究」そのものは果たして「Local」なのかどうかということでした。

科学的な発見というものは世界のどこかの研究室の一角、つまりは非常にLocalな場所でなされるものです。そして、その研究の成果は論文などの形で世界に向けて発信され、世界中の研究者に評価されることになります。優れた研究であればあるほど、一挙にGlobalな発見として広まって行くのです。ところが、その研究がなされた地域(Local)の人たちはその研究について全然知らない、ということはよくあることです。

折角Globalに知られるような良い研究を、それがなされたLocalな地域(場所)で知られていないということに非常に違和感を感じるのです。おらが町の名産物ではありませんが、身近なところから次第に広がって行く科学というものがあっても面白いかもしれません。

ここで述べさせていただいたことは至極当たり前のことかもしれません。しかしその当たり前の事がやはり重要であり、また世界中でまさに考えられていることである事を再認識できたということは大いに意義のあることだったと思うわけです。

(標葉 隆馬)