文部科学省 新学術領域研究 2019年度市民公開シンポジウム
ゲノム編集の現在地 – 社会とともにある科学研究 –

いま世界中で、「ゲノム編集」をめぐる様々なニュースが飛び交っています。学術研究の発展とともに、その枠を超えて、医療や植物・食品など、広く社会における応用が模索されているのです。

私たちは「ゲノム編集」という言葉に触れると、これまでにない全く新しい技術で、私たちの生活を大きく変えるのではないだろうか、という―不安と希望の入り混じった―イメージを抱きます。

では、「ゲノム編集」とはいったいどんな技術なのでしょうか?どのような科学研究が営まれていて、どのような応用の可能性が開かれているのでしょうか?今回のシンポジウムでは、最先端の科学に携わる方々を招き、こうした問いを市民のみなさまと一緒に考えていきます。

日時:2019年9月14日(土)13:00- 17:00 (開場:12:30)

会場:日本科学未来館 7階 未来館ホール
   https://www.miraikan.jst.go.jp/guide/route/

プログラム

13:00 「開会の挨拶
   東京大学医科学研究所・生命科学連携推進協議会 井上 純一郎
13:10 「ゲノム編集とはどんな技術なのか – 基本原理と可能性 -」
   広島大学大学院統合生命科学研究科・日本ゲノム編集学会 山本 卓
13:40 「ゲノム編集マウス作製と生殖医学研究への応用」
   大阪大学微生物病研究所 伊川 正人
(休憩20分)
14:30 「ゲノム編集技術を用いた画期的な遺伝子治療開発と課題」
   日本薬科大学薬学部・金沢工業大学 山口 照英
15:00 「市民は何を期待し、何を恐れているか……そもそもきちんと伝わっているか?」
   日本科学未来館 詫摩 雅子
(休憩20分)

15:50 パネルディスカッション
   指定発言①
   毎日新聞論説室専門編集委員 青野 由利
   指定発言②
   大阪大学大学院医学系研究科・内閣府生命倫理専門調査会 加藤 和人

16:50 閉会の挨拶
    加藤 和人

 

定員:200名 (事前申込制)

参加費:無料 (※未来館の常設展、企画展への入場は別途料金が必要です。)

参加登録: 下記のフォームから参加登録をお願いします。

 

主催:文部科学省新学術領域研究 学術研究支援基盤形成 生命科学連携推進協議会

共催:文部科学省新学術領域研究 学術研究支援基盤形成「先端モデル動物支援プラットフォーム」、「先端バイオイメージング支援プラットフォーム」、「先進ゲノム解析研究推進プラットフォーム」、日本ゲノム編集学会、内閣府

後援:大阪大学21世紀懐徳堂、日本科学未来館

問合せ:大阪大学大学院医学系研究科 医の倫理と公共政策学
    email: symposium@eth.med.osaka-u.ac.jp