Home スペシャリスト 専門領域のスペシャリスト

専門領域のスペシャリスト

当院には専門・認定看護師以外に、レシピエント移植コーディネーター、臨床研究コーディネーター、情報担当看護師などの専門領域のスペシャリストが活躍しています。専門領域のスペシャリストは、それぞれの専門分野の知識と技術を活かし、看護の質の向上を目指しています。

レシピエント移植コーディネーター(6人)

移植手術を受ける患者さんとご家族を、入院から退院後まで継続的に支える

レシピエント移植コーディネーターは、移植手術を待つ患者さんとそのご家族に対して、意思決定や術前検査の支援、移植手術とその後の生活についての説明、精神的ケア、退院後の外来フォローなどを行います。また、移植手術がスムーズに進むように、多職種間の調整をするのも大きな役割です。移植コーディネーターというと、手術を行うまで関わるイメージが強いかもしれませんが、実際は退院後の支援も大きな位置を占めており。患者さんに包括的なケアを提供し、深い信頼関係を築けることが醍醐味だと感じています。

臨床研究コーディネーター(1人)

新薬の開発に貢献することで、より多くの患者さんの力になる

創薬に向けた治験や本院で実施される臨床研究を円滑・適切に行うために、患者さん・担当医師をはじめとする医療スタッフと製薬メーカーなどの院外関係者をつなぎ、調整するのが臨床研究コーディネーターです。質の高い臨床研究には、多職種とのネットワークや患者さんとのコミュニケーションが重要です。私は以前、病棟の看護師として目の前の患者さんと向き合ってきましたが、今は新薬開発に貢献することで、多くの患者さんの力になるという想いがモチベーションとなっています。

情報担当看護師(1人)

データ分析やシステム整備を通して、看護の質を向上させ、患者さんに繋がるように

情報担当看護師の業務内容は、看護の質向上や看護業務の改善のために、看護師が日々入力する看護情報や調査等のデータ分析や活用、看護関連情報やシステムの管理・運用、病院情報システムの改変・開発など、多岐にわたります。現在の看護師の業務に電子カルテは欠かせません。情報担当の日々の様々な取り組みを通して、看護業務がよりスムーズになるようシステムを整備したり、日々の看護の可視化を図るなどして、看護支援に繋げ、最終的には患者さんに繋がるよう心がけています。

ページ上部へ