Home 部署紹介 移植医療部

移植医療部

看護・役割の特徴

当院では心臓・肺・肝臓・膵臓・腎臓・小腸の全臓器移植を実施しており、その中でレシピエント移植コーディネーターは、臓器別担当制で看護を実践しています。移植前は移植を希望される患者・家族への情報提供や意思決定支援、移植後は日常生活指導や体調不良時の相談対応などを行っています。また、各部門と連絡調整を行い、移植医療が安全で円滑に遂行できるよう活動しています。移植前から移植後と長期に亘り、患者・家族をサポートする継続看護が特徴です。

ページ上部へ