Home 部署紹介 東2階病棟

東2階病棟

診療科 神経科・精神科
病床数 52床
看護師数
看護体制 精神病棟入院加算料(看護加算)10:1の看護師配置で看護を提供しています。看護体制は、プライマリーナーシングで、受け持ち看護師が中心となって良質な看護が提供できるように取り組んでいます。また、パートナーシップ・ナーシング・システムを取り入れ、看護師はお互いにケアを補完しながら日々の看護を実践しています。
勤務体制 2交代制で、男性と女性看護師が各勤務帯に必ず混在しています。日勤人数は7名~8名、夜勤人数は3名で運営しています。
主な疾患 主な疾患は、認知症・統合失調症・双極性障害・うつ病・正常圧水頭症・摂食障害・発達障害・人格障害・睡眠障害などです。加えて、当院の救命救急センターに搬送され、精神的な治療が必要な患者さんを受け入れています。更に、精神疾患がある妊産褥婦や身体疾患の治療が主目的の患者さんを受け入れ、周産期や周術期などの身体管理も行っています。
治療と検査、処置 治療は、内服薬治療が中心です。特色としては、統合失調症にクロザリルの導入、全身麻酔下で行う修正型電気けいれん療法などがあります。検査は、睡眠検査・心理検査・認知機能検査などを行っています。処置は、経管栄養・輸液管理・腰椎穿刺などを日常的に行っています。

看護の特徴

看護師の役割は、医師・PSW・OT・薬剤師・臨床心理士など他職種と連携し、患者さんの社会復帰が実現するように援助することです。看護実践は、患者さんの生きづらさと向き合いながら、日常生活行動を取り戻す援助を行い、社会生活に必要な術を取得できるよう支援しています。

ページ上部へ