Home 部署紹介 東9階病棟

東9階病棟

診療科 [ハートセンター] 循環器内科
病床数 50床
看護師数
看護体制 継続型受け持ち方式に加え、チーム制を併用し看護を行っています。チーム内で患者情報を共有し、日々統一した関わりを行うようにしています。日々同じチームの看護師が関わることで、患者の安心感や安全管理に繋げています。受け持ち看護師のフォロー体制として、平日日勤ではペアを組み、互いに助け合い、状況に応じて2人で看護ケアを行うことで、患者の安全安楽に努めています。
勤務体制 2交替制勤務を行っています。当病棟には循環器内科一般病床(44床)と、集中的治療が必要な心疾患患者を収容するCCU病床(6床)の2看護単位があり、一般病床は7対1看護で、平日日勤は看護師10名程度、夜勤は3名で患者受け持ちをしています。CCUは日勤夜勤とも常に看護師3名が勤務し、看護師1名につき患者2名を担当しています。
主な疾患 狭心症・心筋梗塞などの冠動脈疾患、心筋症、不整脈、心臓弁膜症などの循環器疾患患者が入院しています。心臓移植が必要な重症心不全患者もいます。
治療と検査、処置 循環器内科病棟では輸液や服薬などの投薬治療と心臓カテーテルによる検査・治療が主となります。心臓カテーテルでの心機能評価の他、冠動脈疾患に対する経皮的冠動脈形成術(PCI)、不整脈に対するペースメーカー植込みやカテーテルアブレーション治療、大動脈弁狭窄症に対する経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)などを実施しています。心臓移植前の全身スクリーニング検査と、移植待機に向けた病状コントロールなどが行われます。

看護の特徴

心不全患者入院時は輸液・服薬管理や、水分・塩分制限、安静保持への指導や援助を行います。回復期には退院後の社会復帰を見据え、日常生活に関する自己管理指導やリハビリ援助などを行います。医師・薬剤師・理学療法士・MSWなど多職種と連携する機会が多く、心臓カテーテル検査を受ける患者や、補助人工心臓装着患者の看護も行っています。様々な医療機器の取り扱い方法を学び、生体モニターや症状変化に注意し看護を行っています。

ページ上部へ