専門研修(後期研修)

  • HOME > 専門研修(後期研修) > はじめにて
  • はじめに

     大阪大学専門研修プログラムは、大阪大学医学部附属病院および連携医療機関での臨床経験を通じて専門医を取得することを目的としたプログラムです。専門医は、臨床医を志す者にとって最初に取得すべき資格であり、いわば第一関門と言えるものです。大阪大学医学部附属病院は、平成27年8月に、わが国で最初に「臨床研究中核病院」指定されました。これにより、先進的な臨床研究や治験を推進するための中心的役割を担うことになりました。また、近畿圏を中心に豊富で質の高い関連病院を持っていることも大阪大学の強みです。このように本プログラムでは、すべての領域の専門医資格を、効率的かつ高いレベルで取得できる環境が整っています。


     平成30年度より新専門医制度が開始されています。大阪大学では、全19の基本領域の基幹施設として、魅力ある研修プログラムを提供しております。われわれのプログラムでは、単に専門医資格を取得することを目指すのではなく、臓器移植や再生医療などの高度先進医療、リサーチマインドの涵養にも対応することで、国際的に活躍できる医師、医学研究者を養成します。制度がどのように変革されようとも、基本的臨床能力、先進医療、リサーチマインドなどはわれわれが常に人材育成の目標として掲げるテーマであることに変わりはありません。
     全国からやる気に満ちた人材が、大阪大学プログラムに参加されることを期待します。


    平成30年6月

    大阪大学医学部附属病院
    卒後教育開発センター長  和佐 勝史

    page
    top