初期臨床研修

  • HOME > 初期臨床研修 > 臨床研修医募集要項
  • 臨床研修医募集要項

    令和3年度
    大阪大学医学部附属病院初期臨床研修医募集要項

    1.研修プログラム

    (1)研修プログラム方式

    大阪大学医学部附属病院(基幹型臨床研修病院)と学外研修病院(協力型臨床研修病院)で病院群を構成し、以下の4プログラムを設ける

    (2)研修期間

    令和3年4月から令和5年3月までの24ヶ月

    (3)募集定員

    59名(総定員)

    (内訳)

    プログラム名称 定員
    大阪大学コース 12名
    協力型研修病院・大阪大学コース 43名
    小児科重点コース 2名
    産科婦人科重点コース 2名
    総定員(予定) 59名
    《 学外研修病院のプログラムはその施設のプログラムによる 》

    ◆大阪大学コース/小児科重点コース/産科婦人科重点コースについては、2年間阪大病院

    ◆協力型研修病院・大阪大学コースについては、1年目協力型臨床研修病院/2年目阪大病院

    (4)協力型臨床研修病院別定員数
    病院名 協力型研修病院・大阪大学コース
    第二大阪警察病院 (旧NTT西日本大阪病院) 1
    大阪警察病院 3
    地域医療機能推進機構 大阪病院 3
    大阪労災病院 3
    国家公務員共済組合連合会大手前病院 2
    市立吹田市民病院 2
    日本生命済生会日本生命病院 1
    地方独立行政法人 市立東大阪医療センター 2
    箕面市立病院 2
    りんくう総合医療センター 2
    市立川西病院 1
    地域医療機能推進機構 大阪みなと中央病院 1
    大阪府済生会千里病院 1
    大阪刀根山医療センター 1
    大阪国際がんセンター 1
    西宮市立中央病院 1
    公立学校共済組合近畿中央病院 2
    医療法人川崎病院 1
    市立池田病院 2
    大阪急性期・総合医療センター 3
    市立豊中病院 3
    関西労災病院 1
    国立病院機構大阪医療センター 3
    国立病院機構大阪南医療センター 1
    兵庫県立西宮病院 2
    市立伊丹病院 2
    八尾市立病院 1
    市立芦屋病院 1
    市立貝塚病院 1
    地域医療機能推進機構星ヶ丘医療センター 1
    協力型臨床研修病院数 30

    2.研修方法

    1. 1年目、2年目のローテーションについては、プログラム冊子の各プログラム履修計画表を参照のこと。
    2. 原則として、1年目の最初の3ヶ月は内科または救急から研修を開始する(産科婦人科重点コースを除く)。
    3. 到達目標を達成するために次のとおり取り扱う。
      選択必修科目において外科、麻酔科、産科婦人科、小児科、精神科を必ず履修し、一般外来、在宅医療を経験すること。

    3.応募資格

    第115回医師国家試験を受験し、医師臨床研修マッチングプログラムに参加登録する者(医師免許をすでにお持ちの方はお問い合わせください)

    4.応募方法

    (1)応募書類:次の書類を提出
    1. 臨床研修願(本学所定のもので写真を貼付すること。)
    2. 卒業(見込)証明書
    3. 成績証明書
    4. 受験票及び写真票(本学所定様式)
    5. 推薦書(指導教員作成による)【様式自由・病院長あて】
      ※大阪大学医学部生および卒業生は推薦書の提出は不要
    6. 返信用封筒:角2(A4)封筒に出願者本人の宛名を記載の上、120円切手を貼付したもの
    7. 応募書類はこちら
    (2)応募先

    〒565-0871
    大阪府吹田市山田丘2番15号
    大阪大学医学部附属病院 卒後教育開発センター
    TEL:06-6879-5055
    FAX:06-6879-5047

    (3)応募期間(願書受付期間)

    令和2年6月1日(月) ~ 令和2年7月3日(金)
    持参の場合:平日のみ受付 9:00~17:00
    郵送の場合:応募期間内必着
    またプログラム説明会(7月11日開催)参加に限り開催当日持参も受付
    ※郵送の場合は、前頁(1)の書類を一括して封筒に入れ、封筒の表に「初期臨床研修願在中」と朱書きし、書留郵便等で送付すること。

    5.選考方法等

    本学での研修希望者の募集は、令和2年度医師臨床研修マッチングプログラムを通じて行う。
    (1)採用選考試験日

    令和2年8月8日(土)
    午前:筆記試験 午後:面接試験

    (2)会場

    大阪大学医学部講義棟

    (3)方法

    筆記試験100点、面接試験50点

    (4)その他

    マッチングプログラムで定員に達しない場合は、マッチング結果発表後に2次募集を行い、書類・面接選考を行う。

    6.採用時期

    令和3年4月採用予定

    7.処遇(大阪大学医学部附属病院)

    (1)職名

    医員(研修医)

    (2)賃金 

    (月額)30万円程度(税込み、医師臨床研修特別手当等を含む)

    内訳

    1. 基本給:(日額)10,200円
    2. 医師臨床研修特別手当:(月額)90,000円(30時間分の超過勤務手当の定額支給分を含む)
    3. 通勤手当

    ※その他の諸手当については、「国立大学法人大阪大学非常勤職員(定時教育研究等職員)給与規程」による。

    (3)所定労働時間

    始業時刻8時30分 終業時刻17時15分(休憩時間12:15から13:00まで)
    なお、上記所定労働時間は変更することがある。

    (4)時間外労働

    労使協定の範囲内で時間外労働有り。

    (5)休日及び休暇

    「国立大学法人大阪大学非常勤職員(定時教育研究等職員)の労働時間、休日及び休暇等に関する規程」による。
    (例)年次有給休暇:原則として採用から6ヶ月後に出勤日の8割を出勤した者に対し、10日間付与される。
    夏季有給休暇:夏季(7月~9月)の間に連続する3日間。

    (6)宿舎

    大阪大学グローバルビレッジ津雲台教職員宿舎を利用可能(ただし空き状況による)
    詳細は下記URLを参照(宿舎料の一部を病院が負担する)
    (大阪大学津雲台グローバルビレッジホームページ)

    (7)研修医ミーティングルーム

    有り。

    (8)研修医更衣室

    有り。

    (9)保険等

    健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労働者災害補償保険に加入

    (10)健康管理

    一般定期健康診断年1回、特別定期健康診断年2回。

    (11)医師賠償責任保険

    自己負担で加入。

    ※必ず加入すること。

    (12)その他

    研修プログラム期間中に筆頭演者として症例発表等のために学会又は研究会に参加する場合、臓器移植に係るドナーチームへ参加する場合は、医員(研修医)出張として本院から旅費を支給する。

    8.研修期間中の注意事項

    ◆研修期間中のアルバイトについて
    【医師法第16条の2第1項】
    診療に従事しようとする医師は、2年以上、医学を履修する課程を置く大学に附属する病院又は厚生労働大臣の指定する病院において、臨床研修を受けなければならない。

    【医師法第16条の3】
    臨床研修を受けている医師は、 臨床研修に専念し、その資質の向上を図るように努めなければならない。

    【臨床研修医の研修専念の徹底について】
    医師法第16 条の2 第1 項及び第16 条の3 に基づく行政指導として、研修専念(アルバイト診療を行わない旨)の徹底についての指導が文書により行われている。
    「臨床研修医の研修専念の徹底について(平成19年5月1日付け近厚発第0501001号近畿厚生局長)」


    ◆研修中にアルバイトを行った場合
    上記のとおり、初期臨床研修期間中にはアルバイト診療を行うことはできない。研修期間中にアルバイトを行った場合は、医師法に基づく指導徹底に反する行為として、本院臨床研修プログラム上の研修専念の違反として、研修プログラム上の教育的指導(研修期間の延長等)等厳正な措置を取る場合がある。
    また、アルバイトを依頼した側にも措置を行う場合がある。
    なお、上級医等からアルバイトを依頼された場合はすみやかに卒後教育開発センターまで連絡すること。

    問い合わせ先

    ご不明な点がありましたら、下記にお問い合わせください。
    大阪大学医学部附属病院 卒後教育開発センター
    〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-15
    TEL:06-6879-5055
    e-mail:

    page
    top