センターから

新しい研究成果が学術論文として公表されました

このたび、双生児のみなさんにご協力いただいた研究成果が以下の通り公表されましたので、お知らせします。
自己抗体の出現に環境要因が関わりやすい個体の遺伝的な背景と、その個体でのエピゲノム変化について一卵性双生児を対象に解析したものです。

 

著者名:Watanabe, M., Takenaka, Y., Honda, C., Osaka Twin Research Group, Iwatani, Y.
論文題名:Genotype-based epigenetic differences in monozygotic twins discordant for positive anti-thyroglobulin autoantibodies.

    (抗サイログロブリン抗体出現が不一致な一卵性双生児ペアにおける、遺伝背景に規定されたエピゲノム変化の相違)
掲載誌:Thyroid, 28(1): 110-123, 2018,  doi: 10.1089/thy.2017.0273 (オンライン公開

 

 

(2018.2.1 追記)海外向けプレスリリースの結果、以下で紹介されました。

講演会プログラム

講演会プログラム(一般演題は発表7分 質疑応答3分)

 

9:30~9:40開会のあいさつ

        安藤寿康先生(日本双生児研究学会 会長)

        岩谷良則大会長

 

9:40~10:30

セッション1

座長 本多智佳(大阪大学大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンター)

 

  • ツインを持つ家族のメンタルヘルス(1)子ども期の抑うつとその関連要因
    田中麻未1,菅原ますみ21千葉大学 2お茶の水女子大学)
  • ツインを持つ家族のメンタルヘルス(2)母親の子育てストレスの経年変化とその関連要因
    菅原ますみ1,田中麻未21お茶の水女子大学 2千葉大学)
  • 対象別利他行動の遺伝・環境構造に関する双生児研究
    安藤寿康,平石界 (慶應義塾大学文学部)
  • 幼児期から児童期にかけての精神機能と身体の発達に関する双生児法による考察
    安藤寿康1,藤澤啓子1,野嵜茉莉2 ,山口一大31慶應義塾大学文学部 2弘前大学教育学部 3東京大学大学院教育学研究科)
  • 演題取り下げ

 

10:30~10:40 休憩

 

10:40~11:30

セッション2

座長 酒井規夫(大阪大学大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンター)

 

  • 卵性別ふたごと単胎児の死因別乳児死亡率の動向並びに死因・卵性別にみたふたご間の体重差と乳児死亡率の関係について、1995~2008年
    今泉洋子(大阪大学大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンター)
  • 多胎世帯の純貯蓄水準
    松葉敬文(岐阜聖徳学園大学経済情報学部)
  • 一卵性双生児を対象としたHbA1c値に影響するゲノムおよびエピゲノム因子の探索
    尾崎律子1,渡邉幹夫1,2,竹中要一3,本多智佳2,冨澤理恵2,大阪ツインリサーチグループ2,岩谷良則1.2 1大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 生体情報科学講座 2大阪大学大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンター 3関西大学 総合情報学部)
  • 一卵性双生児とマイクロバイオーム
    冨澤理恵1,松本夏子2,本多智佳1,赤田加奈子1,細見晃司3,朴鐘旭3,夏目やよい3,川島和3,乾富士男1,大阪ツインリサーチグループ1,國澤純31大阪大学大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンター 2大阪大学大学院医学系研究科 3医薬基盤・健康・栄養研究所)
  • 自然な知覚・認知の脳内表現における遺伝環境要因の解析
    豊田峻輔1,2,3,4,西田知史3,5,本多智佳4,渡邉幹夫4,大阪ツインリサーチグループ4,西本伸志3,4,51山梨大学大学院総合研究部医学域 生理学講座神経生理学教室 2日本学術振興会 3情報通信研究機構 (NICT) 脳情報通信融合研究センター (CiNet) 4大阪大学大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンター 5大阪大学大学院生命機能研究科)

 

 

 

11:30~12:30 昼食/幹事会

12:30~13:00

総会

 

13:00~13:50

セッション3

座長 落合世津子(おおさか多胎ネット)

 

  • 双胎児の母親への効果的な育児支援の検討―同時授乳に注目して―
    泉愛子1,2,児玉ゆう子1,佐藤智彦11星槎大学大学院教育学研究科 2兵庫県川西市立川西病院)
  • 双胎妊娠した女性に対する助産ケアの課題-母子健康手帳活用状況の特徴から-
    藤井美穂子(和洋女子大学)
  • 母親から見た双生児の競争意識の変遷についてー児童期から成人期以降も含めてー
    廣瀬英子,田中公子,牧眞理子,増田麻美,ボイル由美子,杉浦祐子,天羽幸子(ツインマザースクラブ)
  • 地域で多胎ファミリー教室を開催する必要性と開催後の考察
    西山美佳(おひさまの会)
  • 多胎育児準備クラスの評価-受講有無と産後の育児ストレスとの関連-
    鈴木朋子,太田ひろみ,佐々木裕子,山内亮子,場家美沙紀(杏林大学保健学部看護学科看護養護教育学専攻)

 

13:50~14:00 休憩

 

14:00~14:40

セッション4

座長 安藤寿康(慶應義塾大学)

 

  • 自己効力感と疲労およびうつ症状の関連について
    乾富士男1,2,3,KarriSilventoinen2,3,本多智佳3,冨澤理恵3,4,酒井規夫3,4,中谷香江1,松本大輔1,加藤憲司4,大阪ツインリサーチグループ(畿央大学健康科学部 Department of Social Research, University of Helsinki 大阪大学大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンター 大阪大学大学院医学系研究科 神戸市看護大学看護学部)
  • 成人双生児における身体活動量の遺伝率
    松本大輔1,2,乾富士男2,3,4,本多智佳4,冨澤理恵4, 酒井規夫4,5,中谷香江3, Osaka Twin Research Group4畿央大学健康科学部理学療法学科 畿央大学ヘルスプロモーションセンター 畿央大学健康科学看護医療学科 大阪大学大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンター 大阪大学大学院医学系研究科)
  • 成人双生児における骨密度と生活習慣の関連について
    本多智佳1,冨澤理恵1,赤田加奈子1,乾富士男1,2,大阪ツインリサーチグループ1,酒井規夫11大阪大学大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンター 2畿央大学健康科学部)
  • 2値の順序尺度データにおける閾値と遺伝率の変動
    鈴木国威 (大阪人間科学大学人間科学部)

 

14:40~14:50 休憩

 

 

 

 

 

14:50~16:30

シンポジウム「学問分野を超えて広がる双生児研究」

座長 岩谷良則(大阪大学大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンター)

 

  1. 遺伝的背景を考慮したエピゲノム解析の学際的な展開
    渡邉幹夫(大阪大学大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンター)
  2. 心理学における双生児研究の広がり
    安藤寿康 (慶應義塾大学文学部)
  3. 健康科学における食と腸内フローラの可能性と双生児研究との連携
    國澤 純(国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所)
  4. 脳が見る世界:脳内情報表現と双生児研究
    西本伸志(国立研究開発法人情報通信研究機構 脳情報通信融合研究センター)

 

16:30 閉会のあいさつ

     横山美江先生(大阪市立大学)

 

17:00~18:30

懇親会 (本部前福利会館2階 くじらや食堂)

 

国際共同研究の成果が続けて発表されています

フィンランドを中心として、世界中の双生児研究を行っている組織との共同研究(CODA TWINS)が実施されていますが、これまでにツインリサーチセンターのデータを使用したものとして、以下の論文が発表(もしくは発表が決定)されています。まとめてリストアップしております。

  1. Education in twins and their parents across birth cohorts over 100 years: an individual-level pooled analysis of 42 twin cohorts.
    Twin Res Hum Genet (in press)
    Silventoinen, K. Jelenkovic, A., Latvala, A., Sund, R., Yokoyama, Y., Ullemar, V., Almqvist, C., Derom, C.A., Vlietinck, R.F., Loos, R.JF., Kandler, C., Honda, C., Inui, F., Iwatani, Y., Watanabe, M., Rebato, E., Stazi, M.A., Fagnani, C., Brescianini, S., Hur, Y., Jeong, H., Cutler, T.L., Hopper, J.L., Busjahn, A., Saudino, K.J., Ji, G., Ning, F., Pang, Z., Rose, R.J., Koskenvuo, M., Heikkilä, K., Cozen, W., Hwang, A.E., Mack, T.M., Siribaddana, S.H., Hotopf, M., Sumathipala, A., Rijsdijk, F., Sung, J., Kim, J., Lee, J., Lee, S., Nelson, T.L., Whitfield, K.E., Tan, Q., Zhang, D., Llewellyn, C.H., Fisher, A., Burt, S.A., Klump, K.L., Knafo-Noam, A., Mankuta, D., Abramson, L., Medland, S.E., Martin, N.G., Montgomery, G.W., Magnusson, P.KE., Pedersen, N.L., Aslan, A.K.D., Corley, R.P., Huibregtse, M.M., Öncel, S.Y., Aliev, F., Krueger, R.F., McGue, M., Pahlen, S., Willemsen, G., Bartels, M., van Beijsterveldt, C.EM., Silberg, J.L., Eaves, L.J., Maes, H.H., Harris, J.R., Brandt, I., Nilsen, T.S., Rasmussen, F., Tynelius, P., Baker, L.A., Tuvblad, C., Ordoñana, J.R., Sánchez-Romera, J.F., Colodro-Conde, L., Gatz, M., Butler, D.A., Lichtenstein, P., Goldberg, J.H., Harden, K.P., Tucker-Drob, E.M., Duncan, G.E., Buchwald, D., Tarnoki, A.D., Tarnoki, D.L., Franz, C.E., Kremen, W.S., Lyons, M.J., Maia, J.A., Freitas, D.L., Turkheimer, E., Sørensen, T.IA., Boomsma, D.I., Kaprio, J.
  2. Differences in genetic and environmental variation in adult body mass index by sex, age, time period, and region: an individual-based pooled analysis of 40 twin cohorts.
    Am J Clin Nutr. 2017 Jul 5. pii: ajcn153643. doi: 10.3945/ajcn.117.153643.
    Silventoinen K, Jelenkovic A, Sund R, Yokoyama Y, Hur YM, Cozen W, Hwang AE, Mack TM, Honda C, Inui F, Iwatani Y, Watanabe M, Tomizawa R, Pietiläinen KH, Rissanen A, Siribaddana SH, Hotopf M, Sumathipala A, Rijsdijk F, Tan Q, Zhang D, Pang Z, Piirtola M, Aaltonen S, Öncel SY, Aliev F, Rebato E, Hjelmborg JB, Christensen K, Skytthe A, Kyvik KO, Silberg JL, Eaves LJ, Cutler TL, Ordoñana JR, Sánchez-Romera JF, Colodro-Conde L, Song YM, Yang S, Lee K, Franz CE, Kremen WS, Lyons MJ, Busjahn A, Nelson TL, Whitfield KE, Kandler C, Jang KL, Gatz M, Butler DA, Stazi MA, Fagnani C, D’Ippolito C, Duncan GE, Buchwald D, Martin NG, Medland SE, Montgomery GW, Jeong HU, Swan GE, Krasnow R, Magnusson PK, Pedersen NL, Dahl Aslan AK, McAdams TA, Eley TC, Gregory AM, Tynelius P, Baker LA, Tuvblad C, Bayasgalan G, Narandalai D, Spector TD, Mangino M, Lachance G, Burt SA, Klump KL, Harris JR, Brandt I, Nilsen TS, Krueger RF, McGue M, Pahlen S, Corley RP, Huibregtse BM, Bartels M, van Beijsterveldt CE, Willemsen G, Goldberg JH, Rasmussen F, Tarnoki AD, Tarnoki DL, Derom CA, Vlietinck RF, Loos RJ, Hopper JL, Sung J, Maes HH, Turkheimer E, Boomsma DI, Sørensen TI, Kaprio J.
  3. Genetic and environmental influences on adult human height across birth cohorts from 1886 to 1994
    eLife 2016 Dec 14;5. pii: e20320. doi: 10.7554/eLife.20320.
    Jelenkovic, A., Hur, Y., Sund, R., Yokoyama, Y., Siribaddana, S., Hotopf, M., Sumathipala, A., Rijsdijk, F., Tan, Q., Zhang, D., Pang, A., Aaltonen, S., Heikkilä, K., Öncel, S., Aliev, F., Rebato, E., Tarnoki, A., Tarnoki, D., Christensen, K., Skytthe, A., Kyvik, K., Silberg, J., Eaves, L., Maes, H., Cutler, T., Hopper, J., Ordoñana, J., Sánchez-Romera, J., Colodro-Conde, L., Cozen, W., Hwang, A., Mack, T., Sung, J., Song, Y., Yang, S., Lee, K., Franz, C., Kremen, W., Lyons, M., Busjahn, A., Nelson, T., Whitfield, K., Kandler, C., Jang, K., Gatz, M., Butler, D., Stazi, M., Fagnani, C., D’Ippolito, C., Duncan, G., Buchwald, D., Derom, C., Vlietinck, R., Loos, R., Martin, N., Medland, S., Montgomery, G., Jeong, H., Swan, G., Krasnow, R., Magnusson, P., Pedersen, N., Aslan, A., McAdams, T., Eley, T., Gregory, A., Tynelius, P., Baker, L., Tuvblad, C., Bayasgalan, G., Narandalai, D., Lichtenstein, P., Spector, T., Mangino, M., Lachance, G., Bartels, M., Beijsterveldt, T., Willemsen, G., Burt, S., Klump, K., Harris, J., Brandt, I., Nilsen, T., Krueger, R., McGue, M., Pahlen, S., Corley, R., Hjelmborg, J., Goldberg, J., Iwatani, Y., Watanabe, M., Honda, C., Inui, F., Rasmussen, F., Huibregtse, B., Boomsma, D., Sørensen, T., Kaprio, J., Silventoinen, K.
  4. Zygosity Differences in Height and Body Mass Index of Twins From Infancy to Old Age: A Study of the CODATwins Project.
    Twin Res Hum Genet. 557-70, 2015. [doi: 10.1017/thg.2015.57.]
    Jelenkovic A, Yokoyama Y, Sund R, Honda C, Bogl LH, Aaltonen S, Ji F, Ning F, Pang Z, Ordoñana JR, Sánchez-Romera JF, Colodro-Conde L, Burt SA, Klump KL, Medland SE, Montgomery GW, Kandler C, McAdams TA, Eley TC, Gregory AM, Saudino KJ, Dubois L, Boivin M, Tarnoki AD, Tarnoki DL, Haworth CM, Plomin R, Öncel SY, Aliev F, Stazi MA, Fagnani C, D’Ippolito C, Craig JM, Saffery R, Siribaddana SH, Hotopf M, Sumathipala A, Rijsdijk F, Spector T, Mangino M, Lachance G, Gatz M, Butler DA, Bayasgalan G, Narandalai D, Freitas DL, Maia JA, Harden KP, Tucker-Drob EM, Kim B, Chong Y, Hong C, Shin HJ, Christensen K, Skytthe A, Kyvik KO, Derom CA, Vlietinck RF, Loos RJ, Cozen W, Hwang AE, Mack TM, He M, Ding X, Chang B, Silberg JL, Eaves LJ, Maes HH, Cutler TL, Hopper JL, Aujard K, Magnusson PK, Pedersen NL, Aslan AK, Song YM, Yang S, Lee K, Baker LA, Tuvblad C, Bjerregaard-Andersen M, Beck-Nielsen H, Sodemann M, Heikkilä K, Tan Q, Zhang D, Swan GE, Krasnow R, Jang KL, Knafo-Noam A, Mankuta D, Abramson L, Lichtenstein P, Krueger RF, McGue M, Pahlen S, Tynelius P, Duncan GE, Buchwald D, Corley RP, Huibregtse BM, Nelson TL, Whitfield KE, Franz CE, Kremen WS, Lyons MJ, Ooki S, Brandt I, Nilsen TS, Inui F, Watanabe M, Bartels M, van Beijsterveldt TC, Wardle J, Llewellyn CH, Fisher A, Rebato E, Martin NG, Iwatani Y, Hayakawa K, Sung J, Harris JR, Willemsen G, Busjahn A, Goldberg JH, Rasmussen F, Hur YM, Boomsma DI, Sørensen TI, Kaprio J, Silventoinen K.
  5. The CODATwins Project: The Cohort Description of Collaborative Project of Development of Anthropometrical Measures in Twins to Study Macro-Environmental Variation in Genetic and Environmental Effects on Anthropometric Traits.
    Twin Res Hum Genet. 27, 1-13, 2015. [doi: 10.1017/thg.2015.29.]
    Silventoinen K, Jelenkovic A, Sund R, Honda C, Aaltonen S, Yokoyama Y, Tarnoki AD, Tarnoki DL, Ning F, Ji F, Pang Z, Ordoñana JR, Sánchez-Romera JF, Colodro-Conde L, Burt SA, Klump KL, Medland SE, Montgomery GW, Kandler C, McAdams TA, Eley TC, Gregory AM, Saudino KJ, Dubois L, Boivin M, Haworth CM, Plomin R, Öncel SY, Aliev F, Stazi MA, Fagnani C, D’Ippolito C, Craig JM, Saffery R, Siribaddana SH, Hotopf M, Sumathipala A, Spector T, Mangino M, Lachance G, Gatz M, Butler DA, Bayasgalan G, Narandalai D, Freitas DL, Maia JA, Harden KP, Tucker-Drob EM, Christensen K, Skytthe A, Kyvik KO, Hong C, Chong Y, Derom CA, Vlietinck RF, Loos RJ, Cozen W, Hwang AE, Mack TM, He M, Ding X, Chang B, Silberg JL, Eaves LJ, Maes HH, Cutler TL, Hopper JL, Aujard K, Magnusson PK, Pedersen NL, Aslan AK, Song YM, Yang S, Lee K, Baker LA, Tuvblad C, Bjerregaard-Andersen M, Beck-Nielsen H, Sodemann M, Heikkilä K, Tan Q, Zhang D, Swan GE, Krasnow R, Jang KL, Knafo-Noam A, Mankuta D, Abramson L, Lichtenstein P, Krueger RF, McGue M, Pahlen S, Tynelius P, Duncan GE, Buchwald D, Corley RP, Huibregtse BM, Nelson TL, Whitfield KE, Franz CE, Kremen WS, Lyons MJ, Ooki S, Brandt I, Nilsen TS, Inui F, Watanabe M, Bartels M, van Beijsterveldt TC, Wardle J, Llewellyn CH, Fisher A, Rebato E, Martin NG, Iwatani Y, Hayakawa K, Rasmussen F, Sung J, Harris JR, Willemsen G, Busjahn A, Goldberg JH, Boomsma DI, Hur YM, Sørensen TI, Kaprio J.

共同研究論文が脳科学Webサイトに紹介されました

2016年にneuroimage誌に発表された当センターとの共同研究(Language-related cerebral oscillatory changes are influenced equally by genetic and environmental factors)が、海外の脳科学のwebcite(neurosciencenews.com)の12月29日号で紹介されました。

「言語脳活動に遺伝と環境が同程度影響する」という内容の双生児研究です。

一卵性双生児を対象にしたメチル化の個体差についての論文が発表されました

このほど、ふたごの皆さんにご協力いただいた論文が以下のように公表されましたのでご報告申し上げます。
9月2日夕方のMBS(毎日放送)のニュースでも報道されました。

 

雑誌名:BMC Medical Genomics
タイトル:Within-pair Differences of DNA Methylation Levels between Monozygotic Twins are Different between Male and Female pairs(DNAメチル化レベルの一卵性双生児のペア内差は男女で異なる)
著者名:Mikio Watanabe; Chika Honda; Osaka Twin Research Group; Yoshinori Iwatani

 

一卵性双生児で「DNAのメチル化」という後天的な変化(環境要因のひとつ)の起こり方を調べたところ、ほとんどの染色体において、男性ペアのほうが女性ペアよりお二人の間でのメチル化の差が大きかったという報告で、男性のほうが後天的なメチル化変化が起こりやすいのではないかという結果です。

国際共同研究の成果が発表されました

大阪大学招へい教授にもなっていただいているヘルシンキ大学のKarri Silventoinen先生が、世界中の双生児研究者と共同研究しているThe CODATwins project(ふたごにおけるさまざまな計測データをもとに遺伝因子と環境因子を解析する国際共同プロジェクト)の基本的な要件をまとめた論文がこのほど公表されました。

 プロジェクトメンバーの一員である当センターの教員も名を連ねております。

Karri Silventoinen et al. The CODATwins Project: The Cohort Description of Collaborative Project of Development of Anthropometrical Measures in Twins to Study Macro-Environmental Variation in Genetic and Environmental Effects on Anthropometric Traits.

Twin Res Hum Genet 2015, 1-13.

 

下記リンクは論文の1ページ目です。

 

CODATwin201505

 

ふたごフェスティバル2014の報告書を公開しました。

2014年11月2日に開催した第3回ふたごフェスティバルの報告書を公開しました。以下のリンクからご覧ください。

 

twin-fes-report2014.pdf

国際双生児研究学会(ブダペスト)に参加しました

40-140-240-3 40-440-5

2014年11月16日~19日にハンガリーのブダペストにおいて開催された、International Society for Twin Studies(国際双生児研究学会)の学術集会に、早川センター長、本多特任准教授、大村特任講師、渡邉兼任准教授をはじめ、特任研究員数名も参加しました。

 

センター教員や特任研究員など大阪大学からは数名が発表を行うとともに、ふたご登録簿を保有する世界中の研究機関の会議、International Network of Twin Registries(国際双生児登録簿ネットワーク会議)にも参加し、大阪大学から大変重要な提案を行いました。(公表できるようになり次第、このページでもお知らせします)

研究論文を二報発表しました

以下の二報の研究成果が学術論文としてこのほど発表されました。


(その1)

 

著者
Toshihiko Araki, Masayuki Hirata, Hisato Sugata, Takufumi Yanagisawa, Mai Onishi, Yoshiyuki Watanabe, Kayoko Omura, Chika Honda, Kazuo Hayakawa, Shiro Yorifuji

 

論文題名
Genetic and environmental influences on motor function in aged adults: A magnetoencephalographic study of twins
(高齢成人の運動機能における遺伝的環境的影響:双生児の脳磁図研究)

 

書誌情報
Frontiers in Human Neuroscience 2014 June 19;8:455.


(その2)

 

著者
Yuko Kurushima; Kazunori Ikebe; Ken-ichi Matsuda; Kaori Enoki; Soshiro Ogata; Motozo Yamashita; Shinya Murakami; Kazuo Hayakawa; Yoshinobu Maeda

 

論文題名
Influence of genetic and environmental factors on oral diseases and function
(口腔疾患と機能における遺伝的環境的因子の影響)

 

書誌情報
Journal of Oral Rehabilitation 2014 in press

ふたご研究の学術論文が発表されました

形成外科での研究成果が学術論文としてJournal of Cosmetic Dermatology(美容皮膚科学雑誌)にこのほど発表されました。
the International Academy of Cosmetic Dermatology(国際美容皮膚科学会)の公式ジャーナルです。

 

著者
Ichibori R, Fujiwara T, Tanigawa T, Kanazawa S, Shingaki K, Torii K, Tomita K, Yano K; Osaka Twin Research Group, Sakai Y, Hosokawa K.

 

論文題名
Objective assessment of facial skin aging and the associated environmental factors in Japanese monozygotic twins.
(日本人一卵性双生児における顔面皮膚の加齢変化とそれに関連する環境因子の客観的評価)

 

書誌情報
J Cosmet Dermatol. 2014, 13(2), 158-63. doi: 10.1111/jocd.12081.