センターから

第39回双生児研究会を開催しました。

『Future of Twin Research in Genetics and Epigenetics(遺伝とエピジェティクスにおける双生児研究の未来)』

2019年3月11日(月)に慶應義塾大学三田キャンパスにおいて、日本双生児研究学会主催(共催:慶應義塾大学ふたご行動発達研究センター、大阪大学大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンター)の第39回双生児研究会『Future of Twin Research in Genetics and Epigenetics(遺伝とエピジェティクスにおける双生児研究の未来)』が開催されました。
 
講師は国際シンポジウムにも登壇くださったJeff Craig先生と、カナダ人で双生児研究のテキストも書かれているKerry Jang先生のお二人。
示唆に富む講演に活発な議論が交わされ、大変有意義な会となりました。
 

第41回ツインリサーチセミナーを開催しました。

今回は、大阪大学大学院国際公共政策研究科 松繁寿和教授に

「教育に関するマイクロデータを用いた分岐過程の分析」についてお話し頂きました。

松繁先生は、人・組織・教育の経済学、労働経済学を研究テーマとし、労働及び人材育成について数多くの研究論文を発表され、とりわけ文系と理系の間の賃金格差に関する調査研究が有名です。

分野違いの視点にヒントをいただき、研究の視点や評価の手がかりが得られました。

今後も分野を超えて連携していきたいと思います。

 

第40回 ツインリサーチセミナーを開催しました!

今回は、歯学研究科の久留島先生より、大規模双生児データより探る歯周病とエピジェネティクスの関連についてお話しいただきました。

会場からも多くの質問があり、活発的で有意義な時間となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演題:大規模双子データより探る歯周病とエピジェネティクスの関連
演者:久留島悠子先生(歯学研究科)

第40回 大阪大学ツインリサーチセミナー

演題:大規模双子データより探る歯周病とエピジェネティクスの関連
演者:久留島悠子先生(歯学研究科)

日時:2018年6月8日(土)17時~

場所:大阪大学医学部保健学科第三講義室

 

ツインリサーチに関するワークショップを開催しました!

この度、カッリ・シルベントイネン先生(ヘルシンキ大学・大阪大学)による
ツインリサーチの手法に関するワークショップを開催しました。
実際のデーターを使用して解析の演習をしました。
シルベントイネン先生はフィンランドを始め、世界各国の双生児研究データに基づく
論文を多数執筆されておられます。
日時:平成29年12月5日(火)~ 12月7日(木)13:00~14:30 の 3日間
場所:保健学科 第4講義室
講演者:カッリ・シルベントイネン先生(ヘルシンキ大学社会科学部)
演題:Introduction to Twin Research Methodology
    – Osaka University International Twin Research Workshop-

第38回ツインリサーチセミナーが開催されました

カッリ・シルベントイネン先生によるツインリサーチセミナーが開催されました。

 

日時:平成29年12月4日(月)17:00~18:00

場所:保健学科 第3講義室

講演者:カッリ・シルベントイネン先生(ヘルシンキ大学社会科学部)

演題:Genetics of home environments

 

第37回ツインリサーチセミナーが開催されました

私たちの日常生活を支える複雑・多様な脳機能がどのような神経基盤によって成立しているのかを研究している西本伸志先生にお越しいただきました。

 

日時  : 平成29年10月30日(月)17:00~18:00

場所  : 保健学科 第3講義室

講演者: 西本伸志先生(情報通信研究機構 脳情報通信融合研究センター)

演題  : 脳が見る世界と双子研究:個性の脳機能的理解に向けて

 

H28年度 年度末報告会を開催しました!

3月3日(金)大阪大学 吹田キャンパスにて

ツインリサーチセンターの年度末報告会を開催しました。

テーマは、エピゲノム・MRI・脳情報・腸内細菌・育児支援・疫学・研究基盤構築と多岐にわたりました。

学部、分野を超えて、貴重な意見交換・情報交換ができました。

 

DSC01304 のコピー

DSC01310 のコピー DSC01316 のコピー DSC01330 のコピー DSC01334 のコピー DSC01340 のコピー DSC01346 のコピー DSC01349 のコピー DSC01356 のコピー DSC01371 のコピー DSC01377 のコピー

 

第2回 大阪大学ツインリサーチ国際シンポジウムを開催しました

第2回 大阪大学ツインリサーチ国際シンポジウムを開催しました。

医師でもあり、研究者であり、自身もふたごであるアダム・タルノキ先生、デビット・タルノキ先生に、ツインリサーチ(双生児研究)の基礎となるツインレジストリについて、ハンガリーでの経験をお話いただきました。

 

國澤純先生に、主要な腸内環境因子である食と腸内細菌について、これまでの知見や今後の研究展開の可能性について紹介いただきました。

 

西本伸志先生に、脳機能の定量理解に関する研究と展望についてお話いただきました。

 

いろいろな質問もあり、総合討論も盛んに行われました。

P1020841 のコピーDSC01137 のコピーP1020886 のコピーDSC01150 のコピーP1020928 のコピーDSC01188 のコピー

第35回 ツインリサーチセミナーを開催しました

招へい教授であるカッリ・シルベントイネン先生による、ツインリサーチセミナーを開催しました。

 

日時:平成28年10月31日(月)17:00~18:00

会場:大阪大学吹田キャンパス

   医学部保健学科 第3講義室

講演者:カッリ・シルベントイネン 先生

    (ヘルシンキ大学 社会学部、大阪大学 招へい教授)

 

DSC01112 のコピーDSC01115 のコピー

DSC01117 のコピー