MESSAGEメッセージ

ディレクター
澤 芳樹 教授
SAWA Yoshiki

近年、再生医療や遺伝子治療、AIを活用した医療など、未来社会における健康・長寿を達成するための新しい医療への期待がますます高まっています。大阪大学では、こうした未来医療の実現に向けて、優れた基礎研究を医療として患者さんのもとに届けるための研究(トランスレーショナルリサーチ)を推進して参りました。その成果として、革新的な再生医療の製品や医療機器が薬事承認を取得するなど、現実の医療として患者さんの元に届き始めています。

知の宝庫である大学には、未来医療を創造する元となる研究成果が多く存在しており、産業界のリソースを積極的に取り入れて総力を結集し、オープンイノベーションで実用化を推進することが重要になっています。さらには、得られた成果を次世代の研究推進へと還元する好循環、エコシステムを形成することが必要です。そこで、2015年12月、大阪大学大学院医学系研究科と医学部附属病院が合同で産学連携・クロスイノベーションイニシアティブを設立しました。

  • 大学が基点となった
    クロスイノベーションの
    実現に向けた活動を開始

    従来の大学研究者と企業の産学連携は点と点を結ぶ線の繋がりでしかなく、おおきなイノベーションはなかなか生まれないのが現状でありました。すなわち大学や企業の従来の産学連携では、実用化が困難な健康・医療分野の研究成果を、革新的なイノベーションに繋げることは困難でありました。

    それを前述のオープンイノベーションである大学の知の集積の場を生かして、大阪大学大学院医学系研究科、医学部附属病院と企業が従来のような点と点を結ぶ線の連携から、今回新たに3D包括的に連携すれば、そして大学と企業がWin-Winになるようなお互いのニーズやシーズに沿ったオープンイノベーションすなわち3Dクロスイノベーションという仕組みのイニシアテイブを作れば従来の産学連携では不可能であった大きなイノベーションが起こるのではないかと考えました。

    この達成による健康医療に関するイノベーション創成を目的に、多様な企業との連携、ベンチャーの設立や、知財戦略の支援を行うとともに、部局横断、異分野・異業種連携による共同研究講座の設立等、大学が基点となったクロスイノベーションの実現に向け産学連携・クロスイノベーションイニシアティブは、活動を行っております。また健康医療分野への関心が高く意欲的な企業や団体との包括連携を行っており、これまで既に、多様な製造業のみならず、金融、保険、創業、広告関連や、更には行政機関や経済団体、他大学等、内外企業・組織との協定締結と、招聘教員の受入による協働事業の企画立案に取り組んでいます。

    今後も健康・医療分野のイノベーション創出に向けて、これらの活動を一層邁進してまいります。関係各位のご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。