PURPOSE設立目的

設立目的

大阪大学大学院医学系研究科及び医学部附属病院は、大学を起点とした健康医療分野のクロス(オープン)イノベーション実現を目指して、2015年12月1日に「産学連携・クロスイノベーションイニシアティブ」を設置し、以下の目的を掲げ取り組んでいます。

  1. 多様な企業・研究機関等との連携強化、事業化(オープンイノベーション)の加速
  2. 医療・健康分野の知財戦略、ベンチャー設立と運営の支援
  3. 科学的視点に立った政策の提言
  4. 行政との協働による社会的課題への挑戦

また、企業間・組織間の垣根を超えた業種横断型の新しいイノベーションの実現に向けて、「大阪大学 健康・医療クロスイノベーションフォーラム」を開催し、多様な先進的企業・組織との包括的な連携を一層深化させ、組織・分野を越えたクロスイノベーションの実現、研究成果の国際的な事業化の加速等を通じて、健康・医療の革新に取り組むことを目的としております。

活動概要

1多様な機関との連携

先進企業や自治体、研究機関等と「包括連携協定」を締結、または「協働機関」に入会いただくことにより、「組織」と「組織」の連携を強化し、協働して様々な事業活動に取り組んでいます。

2020年10月現在 30機関と連携

統括連携協定の締結

2「大阪大学 健康・医療クロスイノベーションフォーラム」およびセミナー・シンポジウムの開催

大阪大学 健康・医療クロスイノベーションフォーラム

多様な先進企業・組織との包括的な連携を一層深化させ、組織・分野を越えたクロスイノベーションの実現、研究成果の国際的な事業化の加速等を通じて、健康・医療の革新に取り組むことを目的に開催しています。

活動実績

大阪大学 健康・医療クロスイノベーションフォーラム分科会

活動実績

セミナー・シンポジウム

活動実績

3「共創懇話会」の開催

産学連携・クロスイノベーションイニシアティブの連携機関と大阪大学の各研究室等が交流し、双方の最先端の取り組みや課題、知識等を共有することにより、産学共創の加速を目的として開催しています。

  • 2016年 医学系研究科 医学科と開催、23教室と13の連携機関が参加
  • 2017年 医学部保健学科(第一回目)と開催、17教室と18の連携機関が参加
  • 2018年 歯学研究科と開催、6教室と25の連携機関が参加
  • 2019年 医学部保健学科(第二回目)と開催、17教室と28の連携機関が参加
  • 2020年 大阪府看護協会と開催予定

4「クロスイノベーション型共同研究講座*」の設置支援

企業との産学共創事業を実施する共同研究講座等の設置を支援しています。
* 共同研究講座:民間企業等からの資金と研究者等を受け入れ、大学の教員と出資企業からの研究者とが共通の課題について対等の立場で共同研究を行うことにより、優れた研究成果の創出を促進する制度
* クロスイノベーション型共同研究講座:分野横断、企業横断、組織横断を志向する共同研究講座

2016年4月
先進デバイス分子治療学共同研究講座
2016年7月
先進幹細胞治療学共同研究講座
ご参考:設置時プレスリリース
2016年8月
重症下肢虚血治療学共同研究講座
ご参考:設置時プレスリリース
2016年9月
再生幹細胞創薬学共同研究講座
2016年9月
心血管再生医学共同研究講座
2016年10月
最先端再生医療学共同研究講座
2017年1月
バイオデザイン学共同研究講座
2017年4月
先進融合医学共同研究講座
2017年4月
慢性心不全総合治療学共同研究部門
2017年4月
組織・細胞設計学共同研究講座
2017年6月
空間・環境感染制御学共同研究講座
ご参考:設置時プレスリリース
2018年4月
血管作動温熱治療学共同研究講座
ご参考:設置時プレスリリースキックオフセミナー
2019年4月
次世代内視鏡治療学共同研究講座
2019年4月
運動器スポーツバイオメカニクス学共同研究講座
2019年4月
運動器スポーツ医科学共同研究講座
2019年4月
人口知能画像診断学共同研究講座
2019年4月
運動器再生医学共同研究講座